WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


好みの音楽で本質が分かる『音楽人格診断』②

2015/02/06 by | 心理テスト
好みの音楽で本質が分かる『音楽人格診断』②
 

 

前回に引き続き、今回も『音楽人格診断』をご紹介します。

 

好みの音楽で本質が分かる『音楽診断』その① 

 

 

■ 音楽人格診断

 

(3)クラシック音楽

古典的な作曲家たちの作り上げたクラシック音楽を好む男性は、自己顕示欲が強く「カッコいい自分」が大好きで、プライドが比較的に高い傾向があります。

“カッコつけて聞いているわけではない、クラシック音楽が好きだから聞いているんだ”と主張する方も少なくありませんけれど、そもそもこんなふうに弁解するあたりが、すでにプライドの高さを表していると言えるでしょう。

好きな理由やキッカケなどは一切問わず、クラシック音楽好きの男性は以上で説明したように『自分の前世は貴族であったと信じて疑わない、自惚れナルシスト』タイプです。

※音楽家の家庭で育ち、幼少期よりクラシック音楽に触れてきた男性の場合は、診断結果はまた異なります。

 

 

 

(4)ロックミュージック

ロックミュージックが好きな男性は、複雑な心情の持ち主であり、潜在的心理は大きく分けて3つ「自分は誰にも服従しない自由を求めるが、他人からは理由なしの服従と尊敬を求めること」「自分というちっぽけな存在価値に対して強い反感」「とにかく他人にみとめられたい気持ち」。

この3つの心情が交わることによって、自分のことは自分が一番分かっていると思いながら、表面では自分自身から目をそらした姿勢をとることになり――それはすなわち、周囲に対してワガママな態度として現れます。

自分の横柄ぶりに自身で気づいていれば問題ありませんが、もし仮にワガママな態度のままでいる男性がいたら“自分は「台風の目」という一番安全な位置にいながら、周囲に酷い被害を与えていること”を自覚させてあげましょう。

怒りっぽく、かつ体裁が悪くなれば一目散に逃げたがるこんな男性は、『世界の中心はオレ様じゃないの?』タイプです。

 

 

 

(5)ヒップホップ・レゲエ

ヒップホップやレゲエ系の音楽を好む男性は、自分に足りないモノを、自分以外の何かで埋め合わせをしようとする「甘えんぼ」系男子です。

気分が落ち込めばそのうやむやな気分を晴らすためにギャンブルにはしったり、カップルを見て羨ましいと思えば誰でも構わず近くにいる女性に手を伸ばしたりなど、無い物を強引に代用できるモノで埋め合わせ、その場限りの愉悦で満足してしまいます。

「会いたい」と言ってきたのに対し、それをいくら正当な用事で断わったとしても、その男性は何の罪悪感もなく「次の女性」と交わってしまうことでしょう。

つまり、『行き当たりばったり』タイプです。

 

 

 

 

「好みの音楽」を尋ねられることに抵抗がある男性はいませんから、好きになれそうな方がいたら、まずは「音楽」の話題を振ってみてください。

「好みの音楽」さえ分かれば、その男性の本質をいち早く見抜くことができるでしょう。。

関連記事

   ≪診断≫以下のなかから、自分によくある行動を...

 【10月の運勢】  前半:一白水星~五黄土星はこ...

【最高の運気の人】(11月16日~30日) ≪生年月日≫ (...

 【危険度】深層心理チェック (1)足音 「足音」...

 前半:【3月の運勢】九星気学 前半 (5)五黄土星 ※五黄...

≪生年月日≫ (生まれ年)昭和27、28、36、37、45、46、54、55、6...

≪12月の運勢≫九星気学 後半:五黄土星~九紫火星 (1)一...

   ※後半 五黄土星~九紫火星 &nb...

 人が「手相」を見てもらいたい、と思う心理は大きく分けて2つ……将来的...

≪生年月日≫ (生まれ年)昭和27、29、30、38、43、44、55、57、6...

NEW ENTRY

 

PAGETOP