WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


褒めて自己肯定感を育む育児!

2014/12/01 by | 妊娠・育児
褒めて自己肯定感を育む育児!
 

子供は毎日色々な刺激を育児場面から受けます。

それを糧にして、驚くべきスピードで発達するのです。

でも、子供の成長にはプラスのことばかけと、

マイナスのことばかけが存在します。

 

自己肯定感を育みながら関わりたいのであれば、

できるだけ「意識して褒める」ことを実践すべきです。

そうすると、子ども自身も「自分ってすごいんだ」と思えるようになり、

外からの吸収を積極的に求めるようになります。

 

こうしたサイクルを上手にまわすことこそ、

毎日の関わりの中で子供が伸びるエッセンスとなるのです。

 

でも、こうしたサイクルを活発にするのは意外と難しいのです。

それは、子供の自己肯定感が低下してしまうようなマイナスの出来事が、

親子関係では生じやすいのです。

 

マイナスのことばかけとしての代表は「叱ること」です。

 

子供の思いに寄り添って関わりを持つのであれば、

頭ごなしに叱ることは起こりません。

でも、一時の感情で子供の行動を抑制するために叱るのは、

単に感情をぶつけて怒っているだけなのです。

 

その繰り返しが起こってしまうと、必然的に自己肯定感が低下します。

 

「どうせ、自分なんて」と思ってしまうのが、

マイナスのことばかけが重なった結果なのです。

 

ですから、親子の関わりの中で、どのようにして子供の心を育むべきかは、

親として慎重に考えなければなりません。

 

ことばかけ一つで子供の発達の伸びは大きく異なります。

ですから、一番身近にいることになる母親の影響が、

子供の心とことばの育ちに大きく影響するのです。

 

それが頭に描かれているだけでも、

子供に対することばかけが変化します。

 

大人でも褒められるって気持ちが良いですよね!

 

子供はそれ以上に褒められることに貪欲です。

ですから、しっかり行動を見守っているという意味合いを込めて、

たくさん褒めることをしてあげると、

おのずと人に対する気遣いにも感謝できる心が育つのです。

 

「どうして、こんな子に育ってしまったのだろう」と思う場合、

大抵のケースが大人の関わりがまずいことが多いのです。

だからこそ、自己肯定感をしっかり育てられるような、

育児のスタンスをとるようにしましょう。

 

それは、親子それぞれの心のゆとりにも繋がります。

叱ることがあっても、その倍褒めてあげられるように、

子供の行動にもっと注目すべきなのです。

関連記事

社会人になったりして、ほかの方と食事をする機会があると、個人的に気になってしまう...

子供に寄り添う療育。もしも、自分の子供が発達障害という診断が下ったのであれば、早...

子育ての基本はいかにして褒めるかが重要になります。そこから子供は学ぶ姿勢を養い、...

子育てをしていると、「うちの子、言葉を話すのが遅いかも」と焦ってしまう女性は多い...

母親が抱える育児ストレスを発散することは、子供にとってもプラスとなります。お互い...

子供が生まれて毎日の生活の追われている母親にとって、心配となることはたくさんあり...

安倍内閣が今年4月に掲げた成長戦略。 なかでも注目すべきポイントは、「女性が輝く...

  2歳から3歳が、英語でいう「Terryble 2(two...

女性にとって、妊娠、出産は人生最大の大仕事です。 よく産後の肥立ちはとても重要と...

今年もまたまた、やってきますね、運動会シーズンが。 幼稚園や保育園、小学校...

NEW ENTRY

 

PAGETOP