WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


真冬のテーマパーク対策!これで防寒は完璧?!

真冬のテーマパーク対策!これで防寒は完璧?!
 

このクリスマスやお正月など、冬休みに子連れでテーマパークへ行かれる方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

そこでここでは、真冬のテーマパーク対策として、どの程度の装備で出かけていいのかについてまとめています。

<真冬のテーマパークは見た目よりも防寒重視>
防寒重視でも、彼とのデートで着ぶくれるのも格好悪いので、お勧めなのはヒートテックなどインナーで薄手なのに保温性の高いものを着用することです!寒さ対策用に1枚、重ね着できる薄手のフリースやババシャツを持っておくと、夕方などからぐんと気温が下がった時に、トイレで着替えることができるのでお勧めです。

<ショーを待つ間は保温性&クッション性の高いマット>
ショーを待つ間、普通のレジャーシートでもよいですが、人気のショーは結構長時間待つことになったりします。保温性の高いレジャーシートや、レジャー用の座布団を持っておくと、使えるはず!レジャー座布団は小さく折りたためるので、かさばらないのが○。

<赤ちゃんがいるならベビーカー対策にフットマフはマスト!>
底冷えする寒さのパークだと、ベビーカーで座っているだけの赤ちゃんにとっては、歩いている大人よりも寒いものです。そこで、最低限下半身だけでもフットマフで覆ってあげるようにしてくださいね。全身タイプのものにすれば、お昼寝もベビーカーで安心してできちゃいますね。

<乳幼児にはスキーでも使えるロンパースなどが便利!>
安いところでは、案外リーズナブルなお値段でスキーウェアにも対応できるダウンのロンパースなどが売っているかと思います。雪の日にも使えるし、1つあると便利かも?もちろん、パークでは夕方から着せるのにぴったりです。

<手袋>
パークでは手袋がないと、彼や子供と手をつなぐのが寒いかも!? 子供たちは両手が使えないと危険なので、大人は我慢するにしても、子供の手袋だけは忘れないようにしたいものです。

<大人は保温性の高い水筒にお茶を入れていっても>
パレードやショーを待っている間、飲食店ではすでに長蛇の列が…、そんなときにほっと一息つくためにも、保温性の高い水筒にお茶やコーヒーを入れて持参するのはかなりお勧めです。赤ちゃんのいる方は、ミルクのために熱湯を持っているかもしれませんから、それを拝借してティーバッグを持っていき、飲む、というのもお勧め。子供にはホットカルピスなどが、体が温まりますね。

みなさんも、暖かくして真冬のレジャーをお楽しみくださいね。

関連記事

全てのお母さんが一度は経験するのが育児の悩みです。 特に第一子の子育ては誰もが...

子供に障害があるかもしれない。それは、母親にとっては非常に重いプレッシャーとなり...

明日から週末にかけて、バレンタインデートの約束をするカップルが多いでしょうから、...

子育てをしていると、「うちの子、言葉を話すのが遅いかも」と焦ってしまう女性は多い...

日本はフィギュアスケート人気から、小さな子供たちを中心にスケートを習うことが珍し...

子供に寄り添う療育。もしも、自分の子供が発達障害という診断が下ったのであれば、早...

お盆休みが近付くことで帰省を予定するスケジュールや、せっかくの夏季休暇だから久し...

女性にとって、妊娠、出産は人生最大の大仕事です。 よく産後の肥立ちはとても重要と...

 秋は食欲の季節、せっかく秋のシルバーウィークですから。美味しいグルメ...

子供を持ったことで、女性は「立派な母親にならなければ!」とつい頑張り過ぎてしまう...

NEW ENTRY

 

PAGETOP