WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


スーパーナニー「ジョー・フロスト」の子供の癇癪への対処法とは

スーパーナニー「ジョー・フロスト」の子供の癇癪への対処法とは
 

 

 

2歳から3歳が、英語でいう「Terryble 2(two)」、最悪の2歳というステージで、子供の癇癪が始まる年齢でもあります。

 

けれど実は、どんな年齢の子供でも癇癪を起すもの。そこでここでは、スーパーナニーとして注目されているジョー・フロストさんの子供の癇癪への対処テクニックをご紹介。

 

ギャーギャー泣き喚いている子供に手を焼いているお母さんは、必見です!

 

<癇癪を起している時>

泣き喚く、叫ぶ、大声で怒鳴りながら暴れまわる、止めようとするとぶつ、噛みつく。周りの人の目も気になりますし、恥ずかしいですよね。癇癪というのは、何かを訴えようとしているので、危険な状況でないときは、癇癪を起していても放っておいてもよいようです。

 

癇癪を起している子供に、大きな怒鳴り声で「静かにしなさい!」は逆効果なので、まずは癇癪が収まるまで待ち、「今のは困った態度だね」と静かに諭すのが○あそうです。声は1トーン低くして、はっきり伝えるのがポイント。

 

<「やだやだ」攻撃>

何をするのにも「やだ」といわれると、両親はだんだんイライラしてきてしまうものです。実はこれ、子供が親を試している行動だといわれています。そしてこれに打ち勝つと、「やだやだ攻撃」はなくなるといわれています。まずは子供に選択肢を与えないこと。「この服を着て、この靴を履きなさい」と、両親が決めるのがお勧めだそう。

 

<いうことを聞かずに走り回るとき>

すぐに走っていってしまう子供の場合は、自分の周りで走ってよいところを確保するとか、動いていいところを作るのがよいそうです。「ストップ」といったら、必ず止まらなくてはいけないというのを、ルールとして決めましょう。

 

<お友達とシェアできない>

オモチャやなんでも、人に貸すのが苦手な子供の場合は、公共の図書館や児童館で、まずは貸し借りを学ぶのがベターだそう。

 

<赤ちゃんへの嫉妬>

自分に弟や妹ができるということは、うれしい反面、実は子供にとってはある日突然、旦那さんが愛人を連れて帰ってきて、一緒にかわいがれ、といっているくらい理不尽で嫌なものだったりすることも多々あるようです。赤ちゃんのお世話で、何を着せようかとか、おむつ取ってきてなど、一緒に育てている感覚にしてあげるとよいそうですよ。

 

ぜひスーパーナニーの子育てテクを使って、癇癪に向き合ってみましょう!

関連記事

子供は生まれ育って母乳やミルクで栄養を取り、やがては自分で食事ができるようになり...

関東では、デング熱の感染者が増え続けていて、お子さんを持つお父さんお母さんはちょ...

子供が新たに通う小学校では、ベストなスタンスで関われるように、就学時検診などで保...

もう卒業式が終わった学校は多いかもしれませんが、入学式をメインにママコーデについ...

一人暮らしの方も、主婦の方も、「たまにはご飯作りから解放されたい!」と思われたり...

子供の親であれば、誰でも成長を願っているはずです。ただ、それが焦りに変わってしま...

子供が生まれて毎日の生活の追われている母親にとって、心配となることはたくさんあり...

社会人になったりして、ほかの方と食事をする機会があると、個人的に気になってしまう...

このクリスマスやお正月など、冬休みに子連れでテーマパークへ行かれる方はたくさんい...

子供は狙って作るもの。そういう考えが強くなってきている背景には、女性の社会進出が...

NEW ENTRY

 

PAGETOP