WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


育児観はどんな子供でも共通!母親として子供を育む気持ちが大切

2014/09/10 by | 妊娠・育児
育児観はどんな子供でも共通!母親として子供を育む気持ちが大切
 

子供に障害があるかもしれない。それは、母親にとっては非常に重いプレッシャーとなります。

やはり、自分に責任があるかもしれないという疑念を振り払うことが難しい状況が多いため、育児に対して前向きになれないという思いを抱く母親が多いのです。しかし、障害を抱えた子供であっても、母親が注ぐ愛情は、健常な子供と変わりはありません。少しの配慮だけが違うのです。

子供を育むということは、親としての成長を重ねるチャンスでもあるのです。立ち止まるのではなく、「自分には何ができるのだろうか」と自問自答しながらも、子供に関わることによって、一つずつ成長を紡ぐ必要があるのです。

子供は人としての成長を図ってくれる貴重な存在です。それだけに、子供が抱えている問題に直面したとき、誰もが衝撃に打ちひしがれることがあるかもしれませんが、共に歩むことを決意することができると、それだけでも前に進むことができるようになります。

「障害を持った子供を育てたことのない親にはわからない」という考えもあるかもしれませんが、子供を愛するという気持ちは共通しているはずです。ですから、子供を育む「育児」は、手法や配慮が違ったとしても、誰もが親として担うべき責任となるのです。

ですから、子育てを少しでも楽しむことができる親であって欲しいというのが、療育機関の担当者が説に願う部分でもあるのです。成長はそれぞれあっていい。それが個性なのですから。そういった視点で子供の存在を認めることができるようになれば、愛情を十分に注いだ育児に励むことができるでしょう。

人生を歩む上で辛いことはたくさんあります。しかし、母親になることができたという変化は、自分を強くするための最高のエッセンスを与えてくれるのです。人間として深みを増すような経験を積み重ねることができるようになると、それだけでも子供を産むという価値が見出せるようになるでしょう。

晩婚化が進み、不妊治療などを経て、リスクがある状況で出産を迎える女性は少なくありません。それを悔やむのではなく、子供を授かり、一緒に生活することが叶ったという事実を受け入れて、子供の成長を見守る気構えが重要になります。

女性の喜びを感じる瞬間は人によっても異なります。ただ、母親というポジションは、自分がどのような育児観を持つかによっても、大きく変わるのではないでしょうか。健やかな子供の成長を願い、1日1日を大切に過ごしてこそ、本当の幸せが待っているのかもしれません。

関連記事

子供が新たに通う小学校では、ベストなスタンスで関われるように、就学時検診などで保...

育児ストレスを抱える女性の多くは、自分が子どもに何かを与えているという錯覚に陥っ...

子供は狙って作るもの。そういう考えが強くなってきている背景には、女性の社会進出が...

大好きな彼と結婚し、素敵なインテリアのお家に住み、かわいい子供たちの子育てに奮闘...

 「今年は、お友達も招待してクリスマスパーティーがしたい!」 子供にそ...

子供に寄り添う療育。もしも、自分の子供が発達障害という診断が下ったのであれば、早...

一人暮らしの方も、主婦の方も、「たまにはご飯作りから解放されたい!」と思われたり...

母親が抱える育児ストレスを発散することは、子供にとってもプラスとなります。お互い...

今年もまたまた、やってきますね、運動会シーズンが。 幼稚園や保育園、小学校...

今や誰もが知ってるDV(ドメスティックバイオレンス)は夫婦間や彼氏彼女のようなカ...

NEW ENTRY

 

PAGETOP