WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


子供に寄り添う療育のスタートは母親の決心が必要

2014/09/13 by | 妊娠・育児
子供に寄り添う療育のスタートは母親の決心が必要
 

子供に寄り添う療育。もしも、自分の子供が発達障害という診断が下ったのであれば、早期に地域の療育に繋がるのが大切です。

母親一人では、子供をどう育てていけばよいか迷ってしまうことがたくさんあります。たとえ、パートナーが協力的な家庭であっても、家庭で子供を育てていく主体は母親になるのです。

ことばの発達を育むのも母親の仕事。それは、子供と長い時間関わるからこそ、母親のことばかけ一つで成長の速度を促すことができるのです。それは、子供の将来を左右しかねないものであり、早期に療育に繋がり、適切なアドバイスを受けることによって、母親が一人で負担を背負うものではないのです。

ですから、子供の発達に何か不安を感じているのであれば、乳幼児であれば地域の保健センターに相談するのが良いでしょう。心理相談などを含め、子供の状況を把握して、これからどのようにして子育てをしていくべきかの話を聞くことができるようになります。

闇雲に育児をして頑張ったとしても、母子ともにメリットはありません。適切な働きかけをしてあげなければ、子供は育ってくれないのです。女性であれば、誰しも子供がいる幸せな家庭を夢見るでしょう。ただし、現実には自分が思い描いていたものとは程遠い状態にあるということも考えられるのです。

ただ、そこで腰を据えて子供に関わることができるかが、その後の成長に繋がることを知っていると、立ち止まるべきではないということに気づくまでの時間が短くなります。確かに、我が子をこれからどのようにして育てていこうかと考えると、それだけでも不安がいっぱいになります。それでも、子供はどんどん時を重ねて成長していくものなのです。

だからこそ、子供の健やかな成長を願うのであれば、一番身近な存在である母親が立ち上がらなければ、療育という扉を開くことができないのです。その勇気を胸に秘めて子供を大切にすることこそ、育児というものが充実するのです。

関連記事

関東では、デング熱の感染者が増え続けていて、お子さんを持つお父さんお母さんはちょ...

妊娠出産というのは、思った以上に出費が嵩むものです。 大切なわが子のた...

子供が新たに通う小学校では、ベストなスタンスで関われるように、就学時検診などで保...

仕事に育児、それに主婦としての家事。 共働き世帯が増えるなか、すべてをきちんとこ...

子供を持ったことで、女性は「立派な母親にならなければ!」とつい頑張り過ぎてしまう...

 隣の家の子、ずっと泣きっぱなし。火のついたような泣き方が気になる。あ...

結婚を前提に付き合っている彼は、子供が産まれたらどんなお父さんになるんだろう。子...

今年もまたまた、やってきますね、運動会シーズンが。 幼稚園や保育園、小学校...

  2歳から3歳が、英語でいう「Terryble 2(two...

このクリスマスやお正月など、冬休みに子連れでテーマパークへ行かれる方はたくさんい...

NEW ENTRY

 

PAGETOP