WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


不妊症予防!これから結婚を考えている女子に…

不妊症予防!これから結婚を考えている女子に…
 

大好きな彼と結婚し、素敵なインテリアのお家に住み、かわいい子供たちの子育てに奮闘する… そんな未来の夢を描いている方は、たくさんいらっしゃるかと思います。

実際、現在恋愛まっただ中で、彼とできれば将来は結婚して、子供を2-3人欲しいな、なんて考えている方、またいつかは結婚はしたくないけど、子供は産んでみたい、なんて方も。

そんな方に注意してほしいのが、「不妊症」です。

子供を産めるタイミングになった!のに、なかなか妊娠できない。そんなことにならないように、不妊症予防の知識を身に着けておきましょう。

○不妊症の予防は?

不妊症の予防には、何が不妊を引き起こすのか、知ることから始めてみましょう。

晩婚化に伴う、高齢(35歳以上)で初めて妊娠を望む方、性感染症や喫煙、ダイエットによる月経不順や卵巣機能不全、糖尿病や肥満、生活習慣病、子宮内膜症、子宮筋腫などは、不妊の原因になるといわれています。

女性の場合はよく言われるように、体を冷やさないとか、ヒールの高すぎる靴を避けるのも大切だそうですよ。

○どういう状態が不妊症になりやすいの?

・生理の周期が安定していない方:
生理の間隔が長かったり、数か月間が空いてしまったり、また生理周期が短かったりする場合は排卵してないことなどもあるようです。太りすぎ、痩せすぎで発生することが多いようですので、対策としては基礎体温を付けてみるのがお勧めだそう。もし、高温期と低温期がわかりにくかったら、迷わず婦人科を受診しましょう。

・生理の量が多い方:
生理の量が多い方、生理がだらだらと長く続く方は、何らかの子宮のトラブルが考えられます。生理の血液の量が少ない場合や、生理が2日で終了など極端に短い場合は、排卵していない、また過去に中絶や流産で処置してもらっている経験がある場合、子宮の中で癒着が起こっている場合もあるようで、精密検査がお勧めです。

・生理痛がひどい:
生理痛がひどかったり、昔より生理がひどくなっている、生理の際に下痢になったり、セックスの時にいたかったりすると、子宮内膜症などの可能性があるようです。

・性病などにかかったことがある方
結構知らずにかかっている方が多いといわれている性病のクラミジアなど、性病にかかったことがある方は、卵管関連のトラブルで不妊症になる可能性が高まるようです。

・もともと子宮筋腫や子宮内膜症の場合
子宮筋腫や子宮内膜症の場合、早めに受診してお医者さんと妊活するのがお勧めですよ!

いつかは赤ちゃんを、とお考えの方は、まずは自分の体調や生理の状態を注意深く観察してみましょう!

関連記事

子育ての基本はいかにして褒めるかが重要になります。そこから子供は学ぶ姿勢を養い、...

女性にとって、妊娠、出産は人生最大の大仕事です。 よく産後の肥立ちはとても重要と...

子供に寄り添う療育。もしも、自分の子供が発達障害という診断が下ったのであれば、早...

母親が抱える育児ストレスを発散することは、子供にとってもプラスとなります。お互い...

子育てをしていると、「うちの子、言葉を話すのが遅いかも」と焦ってしまう女性は多い...

今年1月の解散騒動から、一転解散回避をしたSMAPでしたが、結局全員の心が元に戻...

社会人になったりして、ほかの方と食事をする機会があると、個人的に気になってしまう...

安倍内閣が今年4月に掲げた成長戦略。 なかでも注目すべきポイントは、「女性が輝く...

女性の月経周期をコントロールすることができるピル。使い方によっては、妊娠の時期を...

結婚を前提に付き合っている彼は、子供が産まれたらどんなお父さんになるんだろう。子...

NEW ENTRY

 

PAGETOP