WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


物価上昇、消費税上昇で家計を守る5つの方法とは?!

物価上昇、消費税上昇で家計を守る5つの方法とは?!
 

 

 

消費税が8%になり、レジに持っていったら思ったより合計金額がかかってしまった、なんてことになれ始めている私たちかもしれません。

 

けれどさらに今度は、円安による物価上昇に耐えながら、さらに消費税が10%になる、なんて事態も見えてきましたよね。

 

お金持ちなら、あまり気にならないかもしれませんが、すでに「家計が圧迫気味」の方は、ここで来年10月の消費税10%に向け、対策を考えてみましょう!

 

 


 

<これで増税も怖くない!?節約ポイント5つ>

 

① レシートチェックで無駄を削る

節約アドバイザーの丸山 晴美さんによれば、買い物してきたレシートを見て、商品一つずつに「○」「△」「×」を付け、ムダ(要するに「×」)をなくすようにし、「○」と「△」だけにすると、どのくらいのお金が必要なのかを知るのが大切だとか。

 

②  ユーズド商品もチェックする

インターネットのヤフオクなどを活用し、タンスや押し入れに眠っているブランドもの、新品衣類は売却してみる、また必要になったものは、とりあえずユーズドで販売されていないかチェックするなど、被服費を削る努力をしてみましょう!

 

③  固定費を見直す

現在の家賃や保険料を見直してみましょう。固定費、削れるところはありませんか?!家賃を払うなら、投資の意味もかねてマイホームを視野に入れるのも手かも?!

 

④  収入アップを目指す

専業主婦なら、パートに出る、家でできる仕事を探す、投資信託などで貯金を運用するなど、ちょっとでも収入アップを目指しましょう。例えば現在年収350万もらっている家であれば、1年で35万は消費税に消えると考えて、35万円以上稼げるようにしたいですよね。

 

⑤  単品買いをしてみる

例えば、ニンジン3本入りの袋を購入したほうが、ニンジン1本を買うよりお得ですよね。お得ですが、腐らせてしなびさせていませんか? それなら少々割高でも、1本買いをして使い切る。このほうが実は、節約になったりするんですよね。

これから、さらに「節約」がキーワードになってきそうな、日本。お金を使わないと、経済が回らない、とは言われますが、主婦は特に家計をしっかり見直し、負担回避を考えながら挑みたいものですよね。

関連記事

「来年こそダイエットするぞ!」「抱負は完璧!あとは新年を待つだけ!」「毎年英語を...

好きな人がいて告白したいけど、勇気がでない・・・、そんなあなたに代わって告白して...

SNS利用者の間で暗黙のルールが出来始めていることを、ご存知でしょうか。無法地帯...

以前「危ないだけじゃない!歩きスマホのデメリット」でもご紹介したように、ながらス...

テレビで取り上げられたことでも話題になっている預金封鎖。銀行に預けていたお金が自...

現在転職を考えている人も、今すぐというわけでなくても、この先転職の可能性がある人...

盗撮と聞くと、第三者からカメラを仕掛けられたイメージがありますよね。ですが、近年...

母子世帯の平均年収は213万円と言われ、同じ母子家庭でも雇用体系によって収入格差...

FXで稼ぎをあげているというケースは、男性ばかりではありません。最近では女性でも...

投資は難しいと思っているかもしれませんが、実際にはそうではありません。 ...

NEW ENTRY

 

PAGETOP