WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


あなたの○○から盗撮されてるかも!?原因と対策

あなたの○○から盗撮されてるかも!?原因と対策
 

盗撮と聞くと、第三者からカメラを仕掛けられたイメージがありますよね。ですが、近年盗撮の仕方も変わってきています。海外で実際にトラブルになった盗撮被害は、日本で起きていないとは言えません。

これからご紹介する海外で実際に起きた盗撮被害は、携帯やノートパソコンなどについているカメラ(SkypeなどのSNSでテレビ電話などのためもの)から盗撮するものです。どのようなトラブルがあるのか、そして対策をみていきましょう。

 

1. アプリの中に、悪質なものがある

友だちのススメなどでダウンロードしたアプリに、情報を抜き取る悪質なものが稀にあります。実際にあったトラブルは、携帯をいじっている時のあなたの様子を盗撮していたもの。現在販売元への規制が厳しくなったとはいえ、迷惑メールのように抜け道を探し出していることも。

2. 知り合ったばかりの男性にSNSのIDを教える

友人繋がりであっても、全く知らない男性に個人情報を教えることは危険です。IDだけだから平気と思っていても、パスワードを勘や計算で当てられてしまうことも。最近起きたトラブルで有名なのが、ハリウッド女優やモデルたちの写真が盗まれてしまった事件。この事件もパスワードを勘や計算で当てられてしまったのでないかとも言われています。

また会話が終わったと思っていても、実際カメラは動いていて相手に全て観られていることもあるので、油断は禁物です。

3. ID/パスワード管理を携帯にしない

携帯やパソコン上にIDやパスワードを保管していませんか?こまめにログアウトする心がけはとても良いのですが、携帯上にIDなどの情報があってはあまり意味はありません。また一番多いのが、SNSやアプリのIDとパスワードが全て同じ、または似させている人。一つの情報が盗まれれば、他の情報も簡単に盗まれてしまいます。情報が盗まれてしまうとあなただけでなく、あなたの友人にも被害が及ぶので気をつけましょう。

どれもカメラが動いてなければ被害はないと考えている方も多いですが、あなたがログアウトしていても、内部からカメラを動かして盗撮しようとする悪質な人間もいるそうです。

 

【主な対策】

・必要でないアプリはできるだけ、ダウンロードしない。

・アプリのアップデードを自動にせず、手動で確認しながら行う。

・自分のSNSなどのIDは教えず、相手のを教えてもらう。

・SNSのIDとSNSnameは別にしておく(同じ単語や数字を使わない)。

・SNS、アプリなどのIDとパスワードは同じにしない。

・SNSのIDなどは教えず、相手から教えてもらう。

・携帯やパソコンにID・パスワードを保管しない。保管の仕方を見直す。

・セルフィ用カメラに付箋やシールなどで目隠しをしておく。

 

簡単に連絡がとれ、情報も欲しい時に手に入る便利な時代になりましたが、その分デメリットもあります。「自分の身は自分で守る」意識を持って、できる限り被害が最小になるよう努めましょう。

関連記事

2015年3月31日、2017年4月から消費税を10%にアップするという法律が可...

今の仕事、あなたは満足していますか?「満足しているけど、給料面が…」「正直、もっ...

給料が入ってくると、あるだけ使ってしまう方、というのはかなり多くいらっしゃるので...

フルタイムで仕事をしている方にとっては、8時間という時間の中で、一生懸命働いてい...

母子世帯の平均年収は213万円と言われ、同じ母子家庭でも雇用体系によって収入格差...

せっかくの時間は有効に使わなければ意味がありません。仕事はだらだら取り組むのでは...

以前「危ないだけじゃない!歩きスマホのデメリット」でもご紹介したように、ながらス...

「今年中に、なんとかしなきゃいけない仕事が…」「年末年始ゆっくり休みたいけど、汚...

 女性というのは、常に忙しい生き物ですよね。結婚する前も、そして結婚し...

女性であっても運用方法さえしっかりわかっていれば、投資で稼ぐことは十分可能です。...

NEW ENTRY

 

PAGETOP