WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


意外と知らない!デートはランチに重ねるべき!

2014/09/17 by | 恋愛・結婚
意外と知らない!デートはランチに重ねるべき!
 
Pocket
LINEで送る

気になる相手との距離を何とか縮めたい。
そんな思いを抱きつつも、なかなか前進できない関係という方も多いでしょう。
しかし、自分から行動しなければ、恋のライバルを差し置くことができません。

 

できれば自分に一番注目してもらいたい。

 

そんな思いを抱いているのであれば、小刻みにでも相手に会うべきです。
恋愛心理において、単純接触効果というものが存在するように、
できるだけ相手と意識して会う回数を増やすことは、
それだけでも恋愛関係のアドバンテージを得たことにもなるのです。

 

ですから、気軽に会う機会を設定することが、
恋愛を成就させる可能性を高めると考えられているのです。
ただ、相手の心理をしっかり踏まえた誘い方としなければ、
なかなかうまくいかないということも知っておくべきではないでしょうか。

 

 

誘いのタイミングはランチが最適

相手とのコンタクトを取って、気兼ねなく時間を過ごすのであれば、
夜の時間帯が良いと思っている方も多いでしょう。
ただし、なかなか女性側から当てもない時間帯の誘いをするのは、
相手から見ても「軽い女」というレッテルをはられてしまうこともあるのです。

 

ですから、ランチという時間を限定した誘いをすることによって、
今度は相手から声をかけやすいお膳立てをすることが重要なのです。
はじめは自分から誘うことで、相手に「気があるのでは?」というアピールができます。

 

ただ、そこからは自分は引いて待つべきなのです。
押せ押せムードの時は別ですが、押して・引いてをしながら相手を揺さぶった方が、
自分への注目度がアップします。

 

つまり、いかにして気になる存在にさせるかがポイントなのです。
ですから、軽めのジャブを浴びせるようにランチのお誘いをすることによって、
相手に物足りなさと名残惜しさを残すことが、
男性側からのアクションを引き出すときには有効なのです。

 

なかなか夜に都合をつけられないという場合でも、
ランチのわずかな時間を使って会う機会を作ることは、
意外にも調節しやすいものなのです。

 

たとえコーヒー一杯を共に過ごすだけでも良いのです。
こうした単純接触の機会をたくさん設けることによって、
居心地のよさや、さらに一緒に居たいという気持ちを相手に抱かせることができるのです。

 

これこそ、意外と知られていない恋愛真理のテクニックなのです。
気になる男性がいるのであれば、
まずは勇気を出して一杯のコーヒーデートからしてみてはいかがでしょうか。
それだけでも新たな発展が見えるようになってくるかもしれません。

Pocket
LINEで送る

関連記事

 「どこか効果のある“縁結びの神様”の神社に参拝しに行きたい。でも……...

飲み会で必ずと言っていいほど流れていくのがカラオケです。そこでどのように振る舞う...

あなたは、恋人ができた時に「彼と結婚したら…」と想像したことはありませんか?素敵...

  ――私のこと、イヤになったの……? 「恋煩いは...

近年、日本でも問題視されるようになってきましたは「デートDV」。DV(Domes...

「もしも彼と~したら」「もしも私に~ができたら」「もしも環境が違っていたら、彼と...

喧嘩をすれば、誰だってつい感情的になってしまうもの。ですが、喧嘩とはいえ、言って...

前編はいかがでしたか?「将来がない」交際は、できるだけ避けたいですよね。とはいえ...

男性の心をつかむのは、女性が何気なくとっている行為なのです。自分のことを好きかも...

なかなか出会いがない、と嘆いている女性のみなさん。ちょっと自分を見る目を変えてみ...

NEW ENTRY

 

PAGETOP