WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


暴言よりダメージ大!?暴言を吐く彼を後悔させる2つの振る舞い

暴言よりダメージ大!?暴言を吐く彼を後悔させる2つの振る舞い
 

大好きな彼と大げんかー彼の酷い言葉につられて、あなたも暴言や相手を傷つけるようなことを言ってはいませんか?

 

「相手を傷つけたい!」

「何かダメージを食らわせたい!」

「上手いこと言って、彼を黙らせたい!」

 

そんな風に思っているなら、暴言を吐くのはストップ!彼に暴言を吐き返したりするよりも効果的に相手に後悔させる方法があるんです。

 

1. 間を空けて、ゆっくり話す

「元カノとは暴言の言い合いみたいな喧嘩をしていましたが、今カノは俺の暴言や発言の後、ちょっと間を空けるんです。で、「~はそう思うのね?」とゆっくり口調で質問されるんです。大人の女性に、何やってるんだろう…俺、ガキだなってかなり落ち込みます。」(24歳・男性)

 

喧嘩になると、つい相手の言葉にかぶせて早口言葉になってしまいますよね。ですが、それでは相手が余計興奮するだけ。一度間を空けることで、「あれ?言い過ぎた?」という不安感と後悔を与えつつ、ゆっくり話せば「ヒステリックでない、大人な女性」というイメージがつき、彼から暴言への謝罪が聞けますよ。

 

2. 無言で冷却期間を置く

「お互い暴言言いまくってたら、突然彼女が無言に。黙って部屋から出て行ってから連絡が取れず。最初はイライラして「逃げるのか?最低だな!」と罵っていたが、1週間経っても彼女から反応がなかったため、自分の暴言の酷さに気付き謝罪した。空白の2週間…未だに彼女が何をしていたのか、何を思っていたのかわからず、いつ振られるか不安です。」(36歳・男性)

 

喧嘩になると、どうしても感情的になってしまうもの。とはいえ、暴言ばかりで話し合いにならないと思ったら、黙って冷却期間を置きましょう。相手もイライラが収まっていない最初のうちは、メールや電話でも暴言を続けたり、逆に無視され返されることも。ただ、1週間もすれば人の気持ちは落ち着き、後悔を感じ始めるので彼からの謝罪が期待できます。

 

 

いかがでしたか?

喧嘩になれば、愛情よりも自分を傷つけた相手に何かダメージを食らわせたい!と思ってしまうもの。ですが、たとえ彼が酷い男だとしても、あなたまで同じレベルに下がる必要はないのです。暴言を吐かれた時は、暴言で返すのではなくこの2つの振る舞いで彼を後悔させましょう。

関連記事

前半でもご紹介した、彼に幻滅される休日の振る舞いー。大好きな彼を幻滅させないため...

一緒に暮らし始めた頃はラブラブだったのに、しばらく経つと体も求めてこなくなり、な...

気になる彼とSNSで繋がったらまずすることーそれは写真のチェックではないでしょう...

  たかが『恋愛』――しかし、人はその“恋のもつれ”によって...

 「これだから、リアルの男は……」 恋愛小説や漫画のヒロイン...

「彼も楽しそうだったのに…」デートの帰り道、デート後、全く彼から連絡がなかったら...

 ――愛されないのは、なぜ?何か悪いことをしているわけでもなければ、モ...

なかなか結婚できない、付き合っていた彼も結婚の文字が見え始めると逃げてしまう…。...

「そういうつもりで言ったんじゃない!」「なんでそう嫌みっぽく返事するの!?」「そ...

彼氏いない歴=年齢。 誰がそんなことを決めたのか分からないですが、人は...

NEW ENTRY

 

PAGETOP