WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


これはただの幻!?不倫が純愛でない3つの理由

これはただの幻!?不倫が純愛でない3つの理由
 

不倫カップルの行く末…と聞くと、将来が見えず、ボロボロになって終わってしまうというイメージを抱く人がほとんどではないでしょうか。ただ現在不倫している女性の多くが、

 

「わたしたちは本当に愛し合っている」

「出会うのが遅かっただけ」

「頑固な奥さんがいなければ、すでに結婚してる」

 

と、不倫を「障害のある純愛だ」と信じて疑っていません。ですが、実際不倫は純愛ではありません。不倫が純愛でないその理由とは…

 

1. 保険をかけた恋愛であること

もし男性が本当に女性を愛したのなら、子供がいようが離婚や別居などして婚姻関係を終える努力を見せます。つまり、リスクをリスクだと思わず、どーんと行動してしまうということ。

 

ところが、不倫する男性は「離婚は子供がいるからすぐにはできない」「別居となるとお金がかかるし…親と同居だから」と言い訳だらけで、リスクを負う気などさらさらありません。これは「保険をかけた恋愛」に過ぎません。

 

2. 障害があることに燃えていること

「~だったら」「もしもあの時~していれば」なんて妄想をしてしまう恋愛は、ロミオとジュリエット症候群の一種。障害があることで恋愛を成就させることよりも、まずはなんとか障害を乗り越えたい!という願望が強まってしまり暴走するタイプのこと。

 

このようなタイプが障害を失えば、新たな障害を作り始めます。例えば「離婚したものの、子供がいて前妻と絶縁できない…憎い!」「離婚成立して彼と再婚できたけど、独身の男性に言い寄られてしまっている…」など。このような心休まる暇がないのは、純愛とは言えません。

 

3. なんとか挽回したい欲求

不倫を続けていると、彼を愛する気持ちよりも「不倫は幸せになれないは嘘だと証明したい!」「彼に費やした時間やお金をなんとか取り戻したい」という欲求が強くなってきます。それは、周りの友人たちが不倫とは無縁であり、結婚や出産が問題なくできるから。

 

そうなると、どうしても「わたしだって!」と周りと張り合う欲求が生まれてしまうもの。そうなれば、離婚→再婚を焦るだけ。それは愛情ではなくただの欲求…つまり、純愛ではありません。

 

 

もし、これらを見て「わたしの不倫は純愛だ!」と強い怒りを感じるなら、あなたはどこかで「不倫の残念な結末」を想像して不安になっているということ。そのままでは純愛は疎か、幸せな恋愛とは無縁になってしまうので、早めに不倫から脱出しましょう。

関連記事

  自分が恋人に「求めるモノ」を全部備えている――『自分の理...

クリスマスまで、あと1ヶ月ほどとなりましたね。クリスマス当日は、恋人同士プレゼン...

 「お酒が苦手」「男性と話すことが苦手」――でも、『合コンに参加してみ...

「交際は順調なのに、ペアリングはしてくれない」「お揃いのものは家で使えるもの以外...

 やっと見つけた、運命の彼! 交際もスムーズにいき、とうとう彼にプロポ...

例えば、「彼が浮気をした。」ことを知ってしまったとき。 例えば、「彼が...

「”癖”とは、その人の本質だ。」という学者もいるほど、「癖」があなたの性格の一部...

「女性は愛される方が幸せになれる」ということを聞いたことはありませんか?確かに、...

「クリスマス、何か考えてくれてる?」「○○ちゃんの彼氏は、イブにお休み取ってくれ...

年下男性からのアプローチは嬉しいものの、「本当かな?」「わたし、遊ばれているのか...


PAGETOP