WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


嘘でしょ!?今彼に話さない方が良かった元彼話3選

嘘でしょ!?今彼に話さない方が良かった元彼話3選
 

辛い恋愛を経験した後は、どんなに素敵な男性に出会っても「この人ももしかしたら…元彼と同じかもしれない…」と不安を覚えてしまうもの。

 

そうなると、相手の好意がなかなか信頼できず、「実は、元彼に~されて…」と信頼できない理由を説明する人も中にはいますよね。ですが、「元彼話」の内容によっては、新しい恋をダメにしてしまう可能性も!話すべきでない、その「元彼話」とは?

 

 

1. 「元彼に何度も浮気されて…」

女性からすれば「あなたは、浮気しないでね!?」とアピールしているつもりでも、男性には「浮気しても何度かは許してくれる女性」というイメージをあなたに抱いてしまう可能性も。

 

浮気された過去を話すなら、「浮気されたら一気に冷めたので、すぐ別れた。」と一度の浮気で縁を切った決断力や行動力と一緒に説明しましょう。そうすることで、ある程度「浮気したら捨てられる」というイメージを相手に与えることができます。

 

2. 「元彼にお金貸したことが…」「元彼にお金返してもらえなくて…」

「金銭の貸し借りは、親兄弟でもすべきではない」と言われるほど、金銭の貸し借りは人を狂わせてしまうもの。過去に人にお金を貸したことがあると言えば、「この子は、頼めばお金を貸してくれるかもしれない」「返してもらえなくても、泣き寝入りするタイプだ」と悪いイメージがつきます。

 

人にお金を貸した過去は、できるだけ他人には話さないようにしましょう。そして、貸してと言われても「そういうことは家族でもしないことにしている」と断固拒否!それで離れるような男性は、あなたを愛している訳ではないので離れましょう。

 

3. 「元彼の暴言暴力が酷くて…」

元彼の暴言暴力が酷い場合、なかなか新しい恋に踏み出せないものです。踏み出せたとしても、相手の顔色ばかり伺ってしまうことも。そんなあなたに対し、「俺の顔色ばかり伺って行動されている…まるで俺が暴君のようだ!」と相手がイライラしてしまい、今彼にも暴言暴力を振るわれてしまう結果に。

 

元彼の暴言暴力が酷くトラウマになっている場合は、専門機関でトラウマの緩和などカウンセリングを受けるのも良いでしょう。傷が癒えていない状態で新しい恋を探すのではなく、一度自分の心の傷と向き合うと、今彼に対する不信感や不安なく交際をスタートできますよ。

 

いかがでしたか?

すでに元彼の過去を話してしまったとしても、あなた自身「元彼と今彼は、別人だ」としっかりと理解していれば同じようなトラブルに巻き込まれる心配は低いのでご安心を。

ただし、少しでも「元彼と同じかも…」と思ったら、自分の中で不安を膨らませている可能性もあるので、元彼を言い訳に今彼を責めたりしないよう気をつけましょう。

関連記事

皆さん、今年の夏はいかがでしたか?片想いの彼との距離を縮めようと夏のイベントをき...

「あけおめって電話したら、寝てた…」「友人たちを優先して、私には最後にメールして...

あなたが傷ついたことや怒っていることを、ただ彼に理解して欲しくて感情的に怒って伝...

「バレンタインあれだけ頑張ったのに、お返しなし?」「誕生日高価なものをねだったく...

   「色気がない?」 色気があるから可...

  たかが『恋愛』――しかし、人はその“恋のもつれ”によって...

「私…彼に何かしちゃったかな?」「私が~だから、彼を怒らせちゃうんだ」「笑顔より...

彼に「浮気しないで欲しい!」と願う女性なら、誰もが「浮気防止テク」に興味があるは...

世の中なにも、男性だけが浮気するわけじゃないですよね。 私たち女性も、...

「前から思ってたけど…」「前にも言ったけど…」「ずっと言えなかったけど…」&nb...


PAGETOP