WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


そのぶりっ子はモテない!モテる女の3つの秘密

そのぶりっ子はモテない!モテる女の3つの秘密
 

以前【結局ぶりっ子が人気?男性が好むぶりっ子とは】をご紹介した後、「ぶりっ子してもモテたことがない!」というご意見を頂きました。

しかし、よく話を聞いてみると、彼女はぶりっ子を勘違いしていたのです。そこで、私は3つのアドバイスを彼女にし、実行してもらいました。後日、彼女はお目当ての男性から声をかけられるようになったそうです。今回はそのアドバイスをご紹介します。

 

1. 一般常識がある。

ぶりっ子をしても異性から好かれないのは、一般常識までも「知らなーい」「わからなーい」とアピールしてしまっているから。確かに「知らない・わからない」は男心をくすぐる言葉ではありますが、さすがに一般常識まで知らないとなると「一緒にいたら、恥ずかしい!」と彼に思われてしまいます。

「知らない・わからない」を使うのは、彼が「~って知ってる?」と聞いた時のみにしましょう。男性がそのように聞くのは「俺の能力(知識が深いなど)を、君に褒められたい!」というアピールのため、効果的に男心をくすぐるぶりっ子を演じられます。

2. 「知らなーい」「わからなーい」など語尾を伸ばさない。

「ぶりっ子」と聞くと、話すのが遅いというイメージありますよね。確かにゆっくり話す女性は「知的で落ち着いた女性」だと印象づけることができます。ですが、ただ語尾を伸ばすのは下品。相手を苛つかせるだけなので、語尾を伸ばさないよう注意しましょう。

3. 「出来ない」部分は、彼以外には見せない。

出来ないだらけの女性を見ると、男性は可愛さよりも「支え合える」「家庭を任せられる」などのイメージが持ちにくく「自分は損するだけでは?」とマイナスなイメージを抱きます。

仕事が彼より出来ていても問題はありません。大切なのは、彼があなたより長けている部分を尊重してあげること。「私の知らないことを知っている彼」を褒めて頼ることで、「彼女には、俺しか知らない「出来ない部分」がある。それを俺だけが埋められる!」と自信がつき、格差恋愛だのなんだの周りから言われても動じない絆が生まれます。

 

いかがでしたか?

ぶりっ子に対しあまり良い印象を抱けない女性もいるでしょう。しかし、それは「ぶりっ子 = 幼い・子どもっぽい女」だと勘違いしているから。ぶりっ子とは、幼い子どもになりきることではなく、男性に隙を見せる「モテる女のテクニック」のひとつに過ぎません。ぶりっ子だと思われたくない!と上手く隙を作れない人は、一度ぶりっ子に対する先入観を捨てて演じてみては?

関連記事

春から遠距離恋愛…そう決まっただけでも、心が落ち着かなくなってしまうもの。それで...

「いつもしてくれてるから」「彼氏なんだから、それくらいしてくれて当然」「今さら言...

 相手の『心理』を上手く利用し――通常ありえない現象を、現実的に“あり...

前半では、彼が尽くさない理由が「なかなか素直になれない乙女心が理解できない」とい...

「どうせ俺なんか…」「俺よりも良い男、見つかるよ」「俺は何をやってもダメなんだ…...

2月といえば、バレンタインですね♪店に並ぶチョコレートに「あれもいいし、コレも!...

  合コンや友人紹介などを通じ、ようやく『理想のおとこ』に出...

なかなか出会いがない、と嘆いている女性のみなさん。ちょっと自分を見る目を変えてみ...

「あけおめって電話したら、寝てた…」「友人たちを優先して、私には最後にメールして...

例えば、「彼が浮気をした。」ことを知ってしまったとき。 例えば、「彼が...

NEW ENTRY

 

PAGETOP