WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


あなたは大丈夫!?DV女子予備軍の特徴・後編

あなたは大丈夫!?DV女子予備軍の特徴・後編
 
Pocket
LINEで送る

あなたが傷ついたことや怒っていることを、ただ彼に理解して欲しくて感情的に怒って伝えようとしていませんか?

怒ることは悪いことではありません。問題は、あなたの怒り方です。何をどう感じてあなたが傷ついているのかをしっかりと説明しなければ、彼には伝わりません。「阿吽の呼吸」に甘えてばかりでは、彼との関係は悪化してしまいます。そうなる前に、自分の振る舞いがDV予備軍に入ってしまっていないかチェックしましょう。

今回も前編に続き、DV女子予備軍の特徴・後編をお送りします。

 

4. 間違った叱咤

「だから、あなたは駄目なのよ」「これくらいできるでしょう!」「なんで頑張らないの!?」など、彼をしかりつけるようにして励まそうとしていませんか?彼を励ましているつもりでも、大声で非難して励まそうというのはちょっと古い考え。感情的にしかりつけるのではなく、どの選択が彼にとって幸せなのかを考えた冷静な意見を伝える方が効果的です。

5. ドタキャン

仕事や急な体調不良なら仕方ありませんが、前々から会うことが難しそうな場合のドタキャンは相手の時間を弄んでいます。また「なんとなく」のだらだら長時間電話やメールも、相手の時間を奪うことになるので気をつけましょう。

6. 食事やデートは男性が払うもの!意識

「お財布を忘れた」「お金が足らない」など金銭面で彼に頼っていませんか?実は、これもDVのひとつ。相手が頑張って稼いだお金に対し敬意なく、「男性が多く払うべき」は彼に失礼過ぎます。「自分の分は自分で払う」自立意識で、彼の負担を軽減させてあげましょう。

 

いかがでしたか?

女性にとってそんなつもりはなくても、ちょっとしたことで彼が苦痛を感じることも。彼の嫌な素振りやSOSを見逃すと「DV女子」のレッテルを張られてしまいます。そうなる前に、自分の振る舞いを見直してDV女子予備軍から抜け出しましょう!

Pocket
LINEで送る

関連記事

現在お付き合いをしている彼と、結婚をすることになった。 こんなとき、お互い結婚の...

  ――だって、仕方ないじゃない。 現在の恋人に不...

「交際は順調なのに、ペアリングはしてくれない」「お揃いのものは家で使えるもの以外...

 前回に引き続き、今回もまた『恋愛心理テクニック』をいくつかご紹介しま...

失恋は、とても辛く悲しい出来事。だからこそ、そんな辛い気持ちから早く脱出したい!...

「なかなか恋愛が上手くいかない。」「素敵な人との出会いがない。」そんな状況から一...

「彼に恋人がいても気持ちが抑えられない!」「妻子持ちでも、彼が好き!」相手との都...

「一人クリスマスはどうしても嫌!」「女友だちとなんて、余計寂しい過ぎ!」「クリス...

彼のSNSー気になるのはやっぱり、写真!ですよね。前半では、自撮り・加工写真・タ...

先日、友人の結婚式に出席した際、式に感動した新郎がずっと涙を堪えていました。それ...

NEW ENTRY

 

PAGETOP