WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


あなたは大丈夫!?DV女子予備軍の特徴・後編

あなたは大丈夫!?DV女子予備軍の特徴・後編
 

あなたが傷ついたことや怒っていることを、ただ彼に理解して欲しくて感情的に怒って伝えようとしていませんか?

怒ることは悪いことではありません。問題は、あなたの怒り方です。何をどう感じてあなたが傷ついているのかをしっかりと説明しなければ、彼には伝わりません。「阿吽の呼吸」に甘えてばかりでは、彼との関係は悪化してしまいます。そうなる前に、自分の振る舞いがDV予備軍に入ってしまっていないかチェックしましょう。

今回も前編に続き、DV女子予備軍の特徴・後編をお送りします。

 

4. 間違った叱咤

「だから、あなたは駄目なのよ」「これくらいできるでしょう!」「なんで頑張らないの!?」など、彼をしかりつけるようにして励まそうとしていませんか?彼を励ましているつもりでも、大声で非難して励まそうというのはちょっと古い考え。感情的にしかりつけるのではなく、どの選択が彼にとって幸せなのかを考えた冷静な意見を伝える方が効果的です。

5. ドタキャン

仕事や急な体調不良なら仕方ありませんが、前々から会うことが難しそうな場合のドタキャンは相手の時間を弄んでいます。また「なんとなく」のだらだら長時間電話やメールも、相手の時間を奪うことになるので気をつけましょう。

6. 食事やデートは男性が払うもの!意識

「お財布を忘れた」「お金が足らない」など金銭面で彼に頼っていませんか?実は、これもDVのひとつ。相手が頑張って稼いだお金に対し敬意なく、「男性が多く払うべき」は彼に失礼過ぎます。「自分の分は自分で払う」自立意識で、彼の負担を軽減させてあげましょう。

 

いかがでしたか?

女性にとってそんなつもりはなくても、ちょっとしたことで彼が苦痛を感じることも。彼の嫌な素振りやSOSを見逃すと「DV女子」のレッテルを張られてしまいます。そうなる前に、自分の振る舞いを見直してDV女子予備軍から抜け出しましょう!

関連記事

 男性が結婚相手に臨む条件といえば、「料理がうまい」「掃除好き」など、...

なかなか出会いがない、と嘆いている女性のみなさん。ちょっと自分を見る目を変えてみ...

一緒に暮らし始めた頃はラブラブだったのに、しばらく経つと体も求めてこなくなり、な...

女子は秘密が多い生き物です。メイク前の顔とメイク後の顔、実はすっぴんに見えるメイ...

貴女が結婚相手に求めるものは何ですか?経済力、包容力、ビジュアル面、社会的ステー...

あなたの前で跪き、婚約指輪を差し出す海外定番のプロポーズ、憧れますよね。ただ、最...

「付き合っても長く続かない。」「付き合うと、いつか浮気されるのでは?と不安になっ...

「もうすぐクリスマスなのに!」「せめて年末くらいは、素敵な男性と出会いたい!」焦...

前編で紹介した「ありえない行動」はちょっと子どもっぽいものでしたが、意外にも20...

「結婚したいのに、なかなかできない!」そんな悩みを抱えた女性は多いもの。ただ、中...

NEW ENTRY

 

PAGETOP