WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


気になる彼から返信がなければ要チェック!嫌われメール3つのポイント

2014/09/11 by | 恋愛・結婚
気になる彼から返信がなければ要チェック!嫌われメール3つのポイント
 
Pocket
LINEで送る

最近の恋愛は、まずアドレスを交換してメールのやりとりからお互いを知っていく、というパターンも多いですね。

でも、はじめは割とすぐにきていた返信が次第に遅くなり、気づいたらいつもメールするのは私から…なんてことになっていませんか?

そんなときは、男性が返信を面倒に感じてしまう「嫌われメール」になっているのかもしれません。

■毎回長いメールを送っていませんか?

女友達とのメールではよくても、男性に毎回長文のメールを送るのはNG。

一日が終わった後は話したいことがたくさん!というのはわかりますが、携帯の小さな画面で何スクロールもしないといけないようなメールは、「コレ、どこで終わんの…」と途中で疲れさせてしまうことに…。

さらには、どれにどう答えればいいのかわからなくなり、だんだんと返信が面倒になってしまいます。

また、ガールズトークでありがちな話題があちこちに飛ぶメールも、男性はニガテなことが多いものです。
1回のメールではひとつかふたつの話題に留め、1スクロールくらいで読み終わる長さにしておきましょう。

■絵文字満載のキラキラメールになっていませんか?

文字ばかりのメールじゃ、素っ気ないし可愛くない!と絵文字をたくさん入れたメールを送る女性は多いですが、これも男性相手では失敗パターンになりがち。

多少なら問題ありませんが、あまりにキラキラしたり動いたりする絵文字を入れすぎてしまうと、「わぁ、目がチカチカする…」となってしまいます。
特に文字だけのメールを送る男性なら、違和感を与えてしまうことも。

相手が絵文字を使っていれば適度にいくつか使い、顔文字を使っていれば顔文字を入れるようにするなど、メールの雰囲気は相手にあわせましょう。

絵文字には効果的な使い方があります。
ここが押し時!というとき、ひとつハートの絵文字をさり気なく入れたりすると、男性は「Love」を感じてドキッとしますよ。
ここぞというときのために、多用せずとっておきましょう。

■自分のことばかり話していませんか?

女性は自分の話を聞いてもらうのが好きなものです。
でも、気になる男性に送るメールが毎回自分のことばかり…というのは考えもの。

相手が見えないとはいえ、メールは会話です。
「今日○○を見つけたんだけど、好きって言ってたよね」
といったように、相手がのれる話題を振ってあげるようにしましょう。

また、自分の話ばかりはダメといっても、あまりに素っ気ないのも「メールしてても楽しくないのかな」と思わせてしまいます。

たとえば

「○○が好きだったよね」
「うん。好きだよ」

「俺も好きなんだよね。じゃぁ○○は知ってる?」
「知ってるよー」

「俺アレが一番好きなんだよね!○○ちゃんは?」
「うーん・・全部同じくらい好きかな」
「そっか…。いいよね…」

と、こんな感じでは相手が話をつなげるのに疲れてしまいます。

「うん!好きだよ♪この前出た○○聴いた?」

とちょっと付け足すだけで、

「あ、聴いた聴いた!ヤバいよね」

と話が盛り上がります。

Pocket
LINEで送る

関連記事

みなさん、メールをただの連絡ツールに使ってしまっていませんか?いつも同じような内...

前半では、彼が尽くさない理由が「なかなか素直になれない乙女心が理解できない」とい...

 相手の『心理』を上手く利用し――通常ありえない現象を、現実的に“あり...

「恋人が欲しいけど、なかなかできない。」「付き合った途端、彼の態度が変わってしま...

日本には昔から、プロポーズは男性からするものだ。という風習があります。彼がなかな...

付き合い始めはとても幸せだけれど、いつか他の女性に奪われてしまうのでは?と、女性...

 泣いたり怒ったり、恋したりなど、人間はそのときどきで『さまざまな感情...

「笑わせようとしただけなのに…」「あれくらいのことで怒らなくっても…」「今振り返...

突然ですが、あなたは男心をキュンっとさせる「ツンデレ」したこと、ありますか?漫画...

普段異性として意識していなかったのに、ふとした時に「あれ?この人、実はかなり良い...

NEW ENTRY

 

PAGETOP