WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


モテたい女性のために!!『モテ力』について

2015/04/27 by | 恋愛・結婚
モテたい女性のために!!『モテ力』について
 
Pocket
LINEで送る

 

「どういった女性がモテるのだろう?」

 

“モテる女子”になろう――と料理や裁縫など『女子力』の向上を目指す女性も少なくないでしょう。
しかし、いくら料理・裁縫などの技術を高めようとも、それを披露できる相手……すなわち、彼氏もしくは親密な関係の男性がいなければ、まったくもって意味がありません。

世間で言われている『女子力』というのは、相手があってようやく、そこにメリットが生じるモノで、相手がいないのにもかかわらず技術を高めても――ただの“ひとり相撲”になってしまいます。

 

恋人および恋人候補がいないのならば、磨かなければいけないモノは『女子力』ならぬ『モテ力』です。

今回は、男性から好意を寄せられるための『モテ力』についてご解説します。

 

 

 

■ 『モテ力』について

 

(1)演技

 

少々、古臭いですけれど『オンナの涙は武器になる』なんて考え方があります。

男性というのは、総じて“プライドの高い性質”を備えていますから、周囲から「心が狭い!」と思われたくないばかりに、いくら自分が悪くなくとも『泣いている女性』には強気になれません。

そんな男性の性質を利用して、男性に意見を折れさせる演技が“泣いたフリ”ですけれど、この方法はおそらく、ほとんどの場合、男性から嫌われるでしょう。

 

しかし、男性を惚れさせる方法として「演技」をするというのは非常に効果的で、たとえば――“つまらないけど楽しんでいるフリ”、“そんな気なんてまるでないけど心配しているフリ”など、そういった「演技」は男性の恋心を芽生えさせられます。

つまり、演技力を磨けば、その分だけ『男性を惚れさせられる確率』が向上するわけです。

 

 

 

(2)嫉妬

 

嫉妬が強すぎる女性は嫌われる――それは、当然のことです。

 

けれども、では逆に「まったく嫉妬してこない女性」がモテるかと言えば、そんなことは決してありません。

『嫉妬』も、それが“可愛らしい程度のやきもち”であれば、そこに男性は惹かれるのです。

 

さらにまた、男性というのは“誰かに恋をしている女性”に惚れやすい傾向がありますから、その『やきもち』を周囲に言いふらすことによって、他の男性から好意を寄せられることもありえるでしょう。

 

 

 

「嫉妬心」が大きくなり過ぎず、また小さくなり過ぎないよう、自制心を上手くコントロールできるようになれば、それがそのまま『モテ力』の向上に繋がります。

「モテるため」には、まず自分の感情をならべく自身で感知できるようになることがポイントとなります。

感情を制御して、『モテモテライフ』を築けるよう頑張ってみてください。

Pocket
LINEで送る

関連記事

些細なことでケンカになり、ついカッと頭に血がのぼって、言わなくても良い『ひと言』...

趣味は趣味……、そして恋愛は恋愛……と、思ってはいませんか?良い恋愛関係を築き上...

  ――『浮気』するなんて、ひどい……。 愛の言葉...

――面倒なオトコだな……。 長文のメールをいちいち送ってきて、それに対...

 ――カワイイけど、モテる女性にはなれない? 女性の知人や友...

大好きな彼といっぱい一緒にいたい!話したい!両想いになりたい! そんな...

ヒトが絶対に逆らうことができないモノ――それは、本能です。 いくら知識...

前編で紹介した「ありえない行動」はちょっと子どもっぽいものでしたが、意外にも20...

明らかに喧嘩の原因が彼にあっても、なかなか謝らない彼。そんな彼に対し、 ...

あなたの前で跪き、婚約指輪を差し出す海外定番のプロポーズ、憧れますよね。ただ、最...

NEW ENTRY

 

PAGETOP