WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


喪女にオススメ!!『小説・マンガ・アニメ』

2015/05/23 by | 恋愛・結婚
喪女にオススメ!!『小説・マンガ・アニメ』
 

 

ヒロインには特別に優しいイケメンと、一途な想いを抱くヒロインが繰り広げる『ラブロマンス』作品の数々……、それらは確かに、読者に「感動」と「希望」を与え、いわば“『恋』のすばらしさ”を教えてくれるかもしれません。

 

しかしそれは、あくまでヒロインに共感を得られる程度の「立場」「容姿」「経験」「コミュニケーション能力」など――すなわち“一般的な女性という素質”以上のモノを備えている方だからこそ。

人が、他の動物の「恋愛模様」を見ても何も感じないのと同様に、容姿のよろしくない方が美少女がヒロインの「恋物語」を見ても、そこから得られるモノと言えば『価値観の大きな違い』くらいがセキの山です。

 

仮に、ヒロインに共感を得られない方が、その恋物語から“『恋』のすばらしさ”を分かったとしても、それは完全な『フィクションの恋愛観』でしかありません。

そこで今回は、そんなヒロインに共感を得られないタイプ……いわゆる『喪女』と呼ばれる方が見ても、充分に楽しみ、かつは“『恋』のすばらしさ”を知ることができる「小説・マンガ・アニメ」作品をご紹介します。

 

 

 

■ 『喪女』向けの“恋愛作品”

 

(1)小説『パンドラの匣』作者:太宰治

 

生涯のなかで多くの「恋愛」関連作品を執筆した太宰治。

彼の作品のなかでも、特別に美しく清らか、そしてまた“もの淋しさ”を感じられる作品が『パンドラの匣』です。

手紙形式による小説なので、小説をあまり読まない方でも、すらすらと読むことができるでしょう。

 

 

 

(2)マンガ『ラブ★コン』作者:中原アヤ

 

アニメ化ならびに実写映画化もされた有名な作品です。

ヒーロー、ヒロインともに“クセが強く”、『モテるタイプ』とはなかなか言いがたい……そんな2人が主役だからこそ、「喪女」にとっては非常に読みやすい作品だろうと思われます。

恋愛とギャグで半々に割ったような内容ですけれど、リズムや会話のテンポ、心情描写など、どれも優れていて、とにかく面白い。

一度読めば、みずからを省みて“自分の悪い点”などに気づけることでしょう。

 

 

 

(3)アニメ『四畳半神話大系』作者:森見登美彦

 

「恋愛モノ」とは言えないでしょうけれど、この作品には多くの『人間味の大切さ』が表現されています。

男性視点で展開されていきますが、見てみればきっと“共感”できる部分があり、そしてまた『恋愛に必要なこと』『人生を楽しむコツ』などを読み取ることができることだろうと思います。

 

 

 

モテない女性が「恋愛を楽しむ」ためには、まず、内面を変えなければなりません。

上記の作品のなかから、感じ取れたことを活かせれば、きっとより良い『恋愛』に巡り合えることでしょう。

関連記事

最近の恋愛は、まずアドレスを交換してメールのやりとりからお互いを知っていく、とい...

前編で紹介した「ありえない行動」はちょっと子どもっぽいものでしたが、意外にも20...

一緒にアクティビティー!とはまではいかなくても、やっぱりたまには外デートしたいで...

「そういうつもりで言ったんじゃない!」「なんでそう嫌みっぽく返事するの!?」「そ...

  恋人ができたり、またこれから恋人となる男性が周囲に現れた...

ヒトが絶対に逆らうことができないモノ――それは、本能です。 いくら知識...

大好きな人には、できればいつまでも素敵な女性だと思っていて欲しいですよね。ですが...

① 恋愛運を味方につける “ローズクォーツ”や“インカローズ”など、『...

「結婚したら幸せ!」になれたら良いとは思いつつ、その発言自体嘘っぽく、結婚を夢見...

「あけおめって電話したら、寝てた…」「友人たちを優先して、私には最後にメールして...

NEW ENTRY

 

PAGETOP