WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


キュンッ……!!男性が思わず惚れてしまう『女性の発言』3つ

2014/10/20 by | 恋愛・結婚
キュンッ……!!男性が思わず惚れてしまう『女性の発言』3つ
 

自分の周りの友人・知人を見渡せば、そのうちの1人1人を『モテる女性』と『モテない女性』の2つのタイプにはっきり分類することができることと思われます。

この人は性格も容姿も悪くないのに、なぜか男性からは好かれにくく、また逆にあの人は性格も容姿も悪いのに、なぜか男性からは好かれやすい……と、疑問を抱いたことはありませんか?

上記のあげた2つのタイプ『モテる・モテない女性』の大きな違いは――発言する「言葉」にある、という心理学的見解があります。

そんなわけで今回は、どんな女性でも今日から使える『男性を惚れさせる言葉』をいくつか列挙します。

 

 

■ 男性が女性から言われたいセリフ

 

(1)『エロ』を想起させる言葉

 

例:
「いま、エッチなこと考えてるでしょう?」
「なんか、エッチだ……」

 

女の子が「エッチ」という発言を何気なくすると、男性はそのギャップに心を揺さ振られます。

しかし、『エロ』を連想させようと強調しすぎて、「これって男性のアレみたい」というような直球的な発言、ならびに「私ってエロいんだよ」というような奔放的な発言は、男性に「下品なおんな」という印象を抱かせてしまうので注意しましょう。

 

 

(2)ロマンチックな『愛の言葉』

 

例:
「もう、本当に、あなたのことが好き過ぎてたまりません」
「好きって言って」

 

ロマンチックな言葉を言うのは恥ずかしいですし、なかなか言えませんよね。
まして、男性に言ったところで効果が見込めるかどうか……と、首を傾げる方もいると思われます。
男性は、女性よりもロマンチックな部分があり、案外、ありきたりなロマンチックな発言に弱いです。
けれど、「幸せだなぁ」というような『愛』の意思が伝わりにくい中途半端な発言、または「このまま時間が止まってほしい……」という某少女マンガに出てくるような、あまりにもロマン的すぎる発言は、男性をトキメかせることができません。

 

 

(3)ネットスラング

 

例:
「……だお?」
「……ですし、おすし」

 

某掲示板発祥のネットスラング発言をすると、男性にドン引かれて、それのみならず一線をひかれてしまうのでは……と不安を抱く女性もいることでしょう。

しかし、意外にも男性は、女性が「だが、断る」や「さーせん」と可愛らしく言っている姿に心惹かれる傾向があります。
こちらは、「女性の内心が、かいま見える瞬間、男性の恋心が生じる」という恋愛心理学を応用した発言なのです。

 

 

 

発言をほんの少し変えるだけで、自分のモテ度が飛躍的に向上します。
上記のいくつかのパターンを参考に、男性の心に『愛』を芽生えさせるような発言を心掛けてみましょう。

関連記事

 ――愛されないのは、なぜ?何か悪いことをしているわけでもなければ、モ...

 ――なんて、送ったらいいの……。 ようやく、意中の人と“メ...

 標準語ではない方言のある方は、もしかしたら東京などに仕事で暮らすよう...

近年、日本でも問題視されるようになってきましたは「デートDV」。DV(Domes...

女性が集まれば、いつだって恋の話が出るもの。ただ中には、自分の恋愛を話しいため、...

あなたは今、恋愛を楽しんでいますか?もしも「恋愛が楽しい!」と胸をはって言えない...

些細なことでケンカになり、ついカッと頭に血がのぼって、言わなくても良い『ひと言』...

いくら好きな男性に恋人がいるからといって「さすがに略奪は…」「略奪できるだろうか...

普段異性として意識していなかったのに、ふとした時に「あれ?この人、実はかなり良い...

「あけおめって電話したら、寝てた…」「友人たちを優先して、私には最後にメールして...

NEW ENTRY

 

PAGETOP