WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


どうして……!?男性が恋人に『不快を覚えるパターン』5選

2014/12/25 by | 恋愛・結婚
どうして……!?男性が恋人に『不快を覚えるパターン』5選
 

 

 

――私のこと、イヤになったの……?

 

「恋煩いは突然やってくる」なんて文句がありますけれど、それと同様に「失恋」もまた何の音沙汰もなしに突然やってくるものです。

何でフラれなければならないのか――それさえも言われずに、訳も分からずフラれてしまうのは非常に悔しいですよね。

しかし、男性というのは、女性が思っている以上に繊細で、そのうえ頻繁に“妙な気遣い”をしますから、どうしたって「お前のここが嫌なんだ!」とハッキリ言ってはくれません。

そこで今回は、男性から聞いたさまざまな『男性が恋人のことを不快に思う瞬間』のパターンを列挙します。

 

 

 

■ 女性の不快な言動

 

(1)親や友人など、親しい人に対して汚い言葉遣い

 

いくら自分の親だからと言っても、その親に対して「黙れ」「うるさい」「邪魔」などという“悪い言葉”を遣っている姿を見ると、男性はその女性に対して幻滅します。

また、友人たちに向かって「消えろ」「ヤリマンのくせに」などという言葉を遣っていると、それがいくらフザけて言っているということが分かっていても、男性はその女性が汚らしい印象を覚えるそうですから、言葉には充分に気を付けましょう。

 

 

 

(2)「食」に無頓着な行動

 

数日間、部屋や車内で放置されていたジュースや食べ物、ならびに賞味期限の切れた食べ物などを平気で食べていると、男性からは「意地汚い女」と思われてしまうそうです。

 

 

 

(3)妄想的な『恋愛』に依存している行動

恋愛形の漫画・ドラマ・映画・ゲームなどに夢中になって、いつもいつも『恋愛』のことばかり考えている女性は、交際の始めこそ順調ですが、徐々に交際関係は悪化することでしょう。

妄想的な『恋愛』に夢中になっている女性に対して、男性は『ダメ女』という印象を抱き嫌悪する傾向があるようです。

 

 

 

(4)嫌味な発言

「何で、そんなことも分からないの?」など“分からないから分からなかったワケである”のに、それをあえて嫌味を利かせて言わないように心掛けましょう。

冗談半分の発言が男性の心を傷つけ、知らないうちに嫌な不満を抱かせることになってしまいます。

 

 

 

(5)自分に甘い発言

「すぐ、怒らないでよ!」と言いながら、自分が声を荒げていることはありませんか?

言っていることと、していることが矛盾する偏見的な発言は男性を不快にさせるようです。

 

 

 

 

“我慢しすぎ・我慢しなさすぎ”の『恋愛』は、結局のところ「悪い恋愛」に終わってしまいます。

上記に列挙した『言動』を参考までに覚えておき、大切な男性のまえでは、できる限りそのような言動はしないよう心がけましょう。

関連記事

一緒に暮らし始めた頃はラブラブだったのに、しばらく経つと体も求めてこなくなり、な...

 彼は真面目だから私に隠れて浮気なんてしない。 そう信じていた彼が、陰...

今年、彼へのクリスマスプレゼントには、かわいらしいクリスマスカードにメッセージを...

『嫌い嫌いも好きのうち』自分がのことを嫌っている相手なのに、なんだか意識してしま...

以前【結局ぶりっ子が人気?男性が好むぶりっ子とは】をご紹介した後、「ぶりっ子して...

「彼に相性がいいと思われたい!」「好きな彼に、もっと好意的にされたい!」「ライバ...

みなさんは、どのよううなバレンタインを過ごしましたか? 「「まずい!」...

「彼に恋人がいても気持ちが抑えられない!」「妻子持ちでも、彼が好き!」相手との都...

  『恋愛』系の物語と言えば“女性”、それに対して“男性”と言え...

「怒ると暴言を吐かれる…」「私のやること全て否定批判される…」「ファッションや友...

NEW ENTRY

 

PAGETOP