WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


どうして!?男性から大切にされる『愛され女子』のポイント

2015/03/07 by | 恋愛・結婚
どうして!?男性から大切にされる『愛され女子』のポイント
 

 

――愛されないのは、なぜ?

何か悪いことをしているわけでもなければ、モテることを怠けているわけでもないのに、なぜだか“愛されている気が全然しない”と感じたことはありませんか?

出したぶんだけ戻ってくるというような取引とは違って、恋愛というのは「どれだけあいそう」とも、そのぶん「愛される」わけではありません。

そのうえ、愛せば愛するほどかえって“嫌われる”なんてこともあり得ます。

 

『愛されるためには、どうすれば良いのか?』

 

そこで今回は、男性から『愛され女子』になるためのポイントをご解説いたします。

 

 

 

■ 愛され女子の特徴

 

(1)貞操

『操(みさお)は、婚約するまで死んでも守る』というような以前までの風潮と変わって、西洋文化が多く取り込まれた現代の日本では、むしろ『できるだけ早く処女じゃなくなりたい』という女性も増えていると言われております。

しかし、本来、日本人男性は“処女を好む生き物”であって、よほどの落ち度が女性にない限り、みずから処女を奪った女性を愛する傾向があるのです。

そのため、「すでに処女を奪われている女性」に対しては、いくら『愛そう』と思っていても、どうしても完全に愛すことができなくなってしまうのでしょう。

 

 

 

(2)嫉妬

好きな男を繋ぎとめておくには、その彼に“やきもち”をやかせることが肝心である――なんて言われておりますが、実際のところ、その考え方は「少女漫画」の読み過ぎによるものです。

そもそも、この考え方は、「原因」と「結果」が逆転しており、繋ぎとめるも何も彼が自分のことを好きでなければ“やきもち”をやかせることもなにも到底適わないでしょう。

彼が自分のことを愛しているのであれば、何もせずとも自然に“やきもち”をやきますので、そこで意図的に彼を嫉妬させようと「他の男性」の存在をチラつかせるようなことをすれば、彼はあなたのことを『尻の軽い女』と認識してしまいます。

尻軽女でもはじめこそ、彼を猛烈に惹きつけることができますが、その熱が冷めた瞬間、彼は冷静になって尻軽女を軽蔑するのです。

意図的な嫉妬を作ることは、愛されない女子によくありがちな失策ですから気を付けましょう。

 

 

 

(3)寛容

「男なら心が広くなくちゃいけない」と言いますけれど、では「女は心が広くなくてもいい」のでしょうか?

ここで「女はしょうがない」と思ってしまった方は、男性からなかなか愛されません。

言うまでもありませんが、男性だってパートナーには心の広い方を求めるのです。

『こんなにも私が愛しているのだから、愛されたい』と願うのではなく、どんな女性ならば男性が愛したくなるか、それを日頃から注意して考えるようにしましょう。

 

 

 

愛したくなる女性を目指して、それを行為に移せば、きっと男性から愛される女性になれるはずです。

関連記事

「あんな最低な男なのに、なぜか彼を忘れられない…」「彼のこと、まだ好きなのかな?...

男性というのは、結構細かいところまで女性のしぐさや持ちのものまでを見ていたりする...

以前から別れ話のもつれによる暴力や事件がありますよね。ただ、男性も好きで暴力を振...

「彼から返信がない…」「新年早々返信が遅い…浮気?」「返信きた!と思ったら「うん...

前半でもご紹介した、彼に幻滅される休日の振る舞いー。大好きな彼を幻滅させないため...

結婚するなら、できるだけ素晴らしい男性としたいですよね。「理想の男性は?」と聞け...

なかなか出会いがない、と嘆いている女性のみなさん。ちょっと自分を見る目を変えてみ...

最近の恋愛は、まずアドレスを交換してメールのやりとりからお互いを知っていく、とい...

今年、彼へのクリスマスプレゼントには、かわいらしいクリスマスカードにメッセージを...

せっかく二人の距離が縮まったのに、この春から遠距離恋愛になってしまう!という人も...

NEW ENTRY

 

PAGETOP