WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


性格を変えられる?○○による『性格変化術』

2015/02/13 by | 人間関係
性格を変えられる?○○による『性格変化術』
 

 

「私って、どうしてこんな性格なんだろう……」

自分の悪い癖や性格に嫌気がさして、自分という人間に対し嫌悪の情が生じた経験はございませんか。

遅かれ早かれ、誰しも一度は――自分を変えたい――と望んだことがあるでしょう。

今回は、自分という人間の本質を根本的に変えることができる『性格変化術』についてご解説します。

 

 

 

■ 性格変化術

 

人間の身体はいくつもの細胞から成り立っており、その細胞を形成しているのはすべて“食べ物”です。

ヒトを形成している細胞は、約3ヶ月のあいだにすべてが入れ替わり、新しい細胞になると医学的に言われておりますから、この3ヶ月のあいだに口にした食物が、その当人の人格・性格に強く影響し、思考方法などを左右していると言えるでしょう。

どのような食べ物を口にすれば、どんな性格になっていくのか――それらを以下に列挙しします。

 

 

 

(1)甘いモノ

甘い食べ物を食べると、血液中の糖分が常に満たされ、気持ちの張りが緩和されてしまうと言われております。

いつもこの緩和状態でいることは、緊張状態でいるよりも不健康で、自律神経の働きを鈍らせる主な原因ともなるのです。

そのため、甘いモノばかりを口にしていると、徐々に自分から動くことを面倒と思考するようになり、他人の行動に関心が向いて、自分の思うように動かない人に対し苛立ちを示す『他力本願・自己中心的』な性格になってしまうことでしょう。

 

 

 

(2)辛いモノ

辛い食べ物には、ストレスに対する抵抗力向上および奮闘精神の促進などの効果があります。

辛いモノが中心の食生活を送っていれば、世間の目をあまり気にしなくなったり、少しのことに苛立ったりなどすることが比較的に少なり、悩みの少ない気楽な性格になれることでしょう。

けれどその一方、物事を短絡的に考えて誤解を信じ込んだり、他人の心情に無頓着になったり、周囲からは『早とちり・無神経』と思われるようになるかもしれません。

 

 

 

(3)しょっぱいモノ

塩分の多い食品は、その当人の自律神経を向上させ、欲望を我慢する能力を高めてくれます。

よこしまな気持ちが表面に表れにくくなりますが、しかし悪いことに対する敵対意識が強くなるため、他人の行動が目に付き余計なストレスを抱えてしまうことになるでしょう。

しょっぱいモノを多く口にすれば、人道的ですが反感を買いやすい『意地っ張り・強い意志』の性格になります。

 

 

 

 

偏った食事は栄養を損ねるばかりでなく、心身にも影響が如実に現れてきます。

さまざまな食品をバランスよく摂取することが、良い人格の形成にも繋がることでしょう。

関連記事

以前、結婚に浮かれて酷い振る舞いをしてしまう「マリッジハイ」についてご紹介しまし...

  ――信用できない。「家族」「恋人」「親友」……そういった...

がっつくほどではないけど、誘われたら行ってみたくなる「合コン」。そんな合コンに、...

どんなに嫌な人がいても職場や学校などが同じ場合、極端に避けることはできませんよね...

  ――口は災いのもと? 人なら誰しも、他人に“触...

人と接する中で、相手を信頼することや交流を深めることは必要です。が、好きでもない...

なかなか寝付けない夜、貴女はどのように過ごしていますか?羊を数えたところで、到底...

あなたが仕事をしている最中に、しきりに話しかけてくるおしゃべりな先輩、うっとおし...

2014年も、あと1ヶ月となりましたね。この1年を労い、職場や友人と忘年会をする...

私たちは、なにかしら人との関わりあいをもって生活しています。 「どうも人付き合い...


PAGETOP