WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


お薬と上手く付き合おう★睡眠導入剤の主な副作用

お薬と上手く付き合おう★睡眠導入剤の主な副作用
 

昔と比べると、処方される機会の多くなってきた睡眠導入剤ですが、メリットとデメリットを良く理解して使用していますか?処方の機会が多いと思われるベンゾジアゼピン系睡眠導入剤の主な副作用について解説します♪漫然と服用するものではありませんが、お世話になっている間は、上手くお薬と付き合っていきましょう!

依存するって・・・本当?

睡眠導入剤は、気持ちを落ち着かせ、安心感を持たせて眠りへと誘います☆神経が高ぶって眠れない時には良く効きますが、服用すると安心するので「コレじゃないと効かないのでは?」と思い込んでしまう感覚です。依存と聞くと少し怖いですが「依存する可能性がある」ことを覚えておけば、それほど心配することはないレベルです。少しずつ長時間作用型へシフトしていくなど、医師による適切な処置を取ることで、依存から抜け出すことができます。

頭がボーッとする・・・

中~長時間作用型の導入剤を使っている場合に、導入剤の効果が翌朝まで続いてしまう場合があります。感覚としては、寝起きの頭がボーッとした感じが日中も続いているという感覚です。服用時間を早めることで改善されますが、服用後は速やかに横になることが必要なので、持ち越しの少ないものに変更して貰うのがいいでしょう。車通勤が必要だったり、仕事に支障が出そうな場合は、事故やミスの原因になるので、医師に申告してください。

転倒に注意!

気が張っていると、知らない内に筋肉に力が入ることが・・・眠る時にそのような状態だと眠りを妨げます。実は、快適な睡眠に必要な筋弛緩作用が、副作用として挙げられる原因は「転倒による骨折」にあります。高齢者は特に注意ですが、若者でも夜中にトイレに行く方は要注意です!

導入剤が効いている間は、危機意識、判断能力など全てが鈍っていると考えてください。どうしてもトイレに行く場合は、ゆっくりと一つ一つの動作を確認しながら行動すると上手くいくでしょう。筋弛緩作用が少ないタイプもありますので、医師に相談してみてください。

一過性健忘が起きる

寝る直前のことを覚えていないことがあります。とは云っても、人間は眠れば大半のことを忘れますし、一過性のものだと言われています。問題視される理由としては、夜中に起きて自分が取った行動を全く覚えていないということです。

忘れているだけであれば、誰かに言われれば、なんとなく思い出しますが、健忘の場合は「えっ?そんなこと私は、やっていない!!」という心境になります。しかし、その人が嘘を吐く人では無いことや、実際に自分がやった証拠が残っていることで、認めざるを得ないという感覚です。導入剤を服用する前に、やるべきことは完了させておくことが大切です☆

 

睡眠導入剤の副作用と云っても、全員がなる訳ではありませんし、この他にも吐き気やめまいなどの症状もあります。導入剤は種類が沢山あるので、まずは休みの日に一度服用してみて、自分に合うものかどうか見極めてみてください♪昔の導入剤と作用の異なる新しいお薬も運用されているので、自分に合ったものを選んで貰いましょう。

★お薬は、用法・用量を守って正しく使用しましょう★

関連記事

あなたの会話は、愚痴が多いですか?それとも幸せネタが多いでしょうか?SNSや会話...

男性よりも女性の方が2倍も発症する確率が高いと言われている「鬱病」。日々のストレ...

昔は、風邪をひいたら内科に行けば良かったのに、消化器科、循環器科など診療科が細分...

笑顔の可愛い女性という印象は、それだけでも大きなメリットです。いつも冴えない表情...

子供の人間関係を形成するためには、経験を重ねる必要があります。それを肥やしにしな...

  ――信用できない。「家族」「恋人」「親友」……そういった...

親しい人に限らず、人から褒められることはとても嬉しいことですよね。ですがその一方...

今や「心の風邪」と言われている鬱病。警戒されている理由は、重症化すると生死に関わ...

突然ですが、あなたは友人や恋人から信頼されていますか? 「わたしは話し...

自分の思っていることを伝える時、相手を傷付けないような言い方を考えていますか?相...

NEW ENTRY

 

PAGETOP