WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


人の死から人間関係を見つめることができる

2014/10/28 by | 人間関係
人の死から人間関係を見つめることができる
 

人の死に直面することによって、今までの自分を振り返ることができます。

自分にとって相手の存在というものはどうであったかを考えると、

まだまだ後悔すべきことがあるのではないでしょうか

 

人生は後悔の繰り返しという言葉がありますが、

それをどれだけしないようにするかは、毎日の生活が大きく関係しています。

いつ死んでも良いくらいに、毎日精一杯生きることこそ、

人間としての厚みを増すのではないでしょうか。

 

自分自身を見つめ直すことで、まだまだ改善すべき点があるはずです。

それは、どんな些細なことでも構いません。

振り返ることに意味があるのですから。

 

人との別れは辛いものです。

それは、尊い存在であればなおさら思うのではないでしょうか。

ただ。故人との間に何を自分の成長の糧にすべきかを見つめる人と、

何も振り返らずに生活する人との間には、

計り知れないほどの差が生じる可能性があるのです。

 

これから新たな人間関係を築くうえでも、

まだ自分には足りないものを克服しなければ、

いつまでたっても有意義な成長を視野に入れることはできません。

立ち振る舞いひとつ考えても、死から学ぶことはたくさんあります。

それをどれだけ1度の経験から紡ぎ合うことができるかが、

今後の伸びしろへと発展するのではないでしょうか。

 

人の死を超えてどんな自分になりたいかをイメージできるようになると、

それだけでも人間関係としての学びを開けた証拠です。

出会いと別れには色々なエッセンスがあります。

それを成長に費やすパワーにすることができる人こそ、

人間性の魅力を高めた結果を手に入れているのかもしれません。

 

自分自身のこれまでを振り返る機会としては、死というものは重要です。

これからの新たな自分に出会うための起爆剤になることもあるので、

新たな発見ができるような体験になることが魅力的となります。

たった1度の経験でも、人間として大きく成長するタイミングなので、

自分のこれまでを振り返り、新たな一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

 

立ち止まっていても何も解決しないということがわかると、

毎日を大切に過ごすことができるようになるでしょう。

関連記事

「あなたって本当ブスだよね」「だからあなたはダメなんだよ~」「本当に何にも考えて...

初対面の人と接する時、どんなことに気をつけていますか?良い人だと思われたい、仕事...

  ――信用できない。「家族」「恋人」「親友」……そういった...

2014年も、あと1ヶ月となりましたね。この1年を労い、職場や友人と忘年会をする...

以前、結婚に浮かれて酷い振る舞いをしてしまう「マリッジハイ」についてご紹介しまし...

カップルにとって大きなイベントであるクリスマス、そして新年のカウントダウンは絶対...

パワハラとまではいかなくても、理不尽な要求を突きつけてくる上司っていますよね!?...

クリスマスは、本来イエス・キリストのお誕生日ですが、クリスチャンが比較的少ない日...

人と接する中で、相手を信頼することや交流を深めることは必要です。が、好きでもない...

突然ですが、あなたは友人や恋人から信頼されていますか? 「わたしは話し...

NEW ENTRY

 

PAGETOP