WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


最高のセルフィー(自撮り)を撮るための11のコツ

2014/09/09 by | エンタメ
最高のセルフィー(自撮り)を撮るための11のコツ
 

みなさんは、スマホでセルフィー(いわゆる自分を撮ることですが)をもっとかわいく撮れるようになるコツを知りたくないですか?

個人的に、私はインスタグラムなどでもよくセルフィーを撮っています。というのも、「これはかわいくとれてる!」なんていうショットを自分以外のヒトにはなかなか撮ってもらえませんし、自分で角度などを調整しながらベストなショットを選べるところが、セルフィーの魅力でもありますよね。いろいろ加工できるのも楽しいですし!

ただし、セルフィーって自分が自分を撮るので、ちょっとしたコツをつかまないとなかなか良いショットって撮れないものなんですよね。

もし自分で過去最高のセルフィーを撮りたい、などとお考えの方は、ぜひこれからご紹介するコツをメモってみてくださいね。コツさえつかめば、ヒトに自慢したくなるセルフィーが撮れるはずです♡

1.セルフィー前のプレチェック
セルフィーを撮る前に、自分の状態をもう一度確認してみましょう。アップロードする前の写真で、アイライナーやファンデーションがヨレているところ、鼻の頭のテカリ、左右のまゆげの高さや形の違いをチェックしてください。

もちろん、セルフィーを撮ってから気に入らないのは削除すればよいのですが、どうせならしっかり準備を整えてからセルフィーを撮りたいものですもんね。

2.ライトは重要!

そう、カメラマンと撮影しているモデルさんや、ドラマを収録している女優さんがライトでお肌のアラなどを飛ばしているように、素敵なセルフィーを撮るにはライトも工夫する必要があります。まずはいろいろなライトの下で、試してみましょう。

自然光など太陽の光は自然ぽいナチュラルさが撮れるかと思いきや、お肌のアラまでしっかり撮れてしまったり、蛍光灯だとお肌の色がくすんでみえてしまうなど、自分がベストで生える光を見つけるのが大切なんですね。素敵なお洋服、素敵なヘアに整えても、ライトがNGだとセルフィー自体が何度とっても気に入らないものになってしまうでしょう。

3.背景チェック
素敵なセルフィーを撮る際に大切なポイントは、背景といえるでしょう。背景は、目に入ってもみすぼらしくないものを選びましょう。自分の部屋で撮ったセルフィーで、散らかった自分の部屋が入ってしまっているといった失敗を犯している人って、結構いらっしゃるんですよね。部屋が散らかっているならバスルームや、壁やカーテンなどを背景に撮るのがベター。

4.手を動かさない!
セルフィーを撮る時には、ライトの加減や自分のメイク、自分のベストな角度などをいろいろ考えながら行うためか、腕がぶるぶるっとぶれてしまう方もいらっしゃるようです。
練習をすることで上達しますが、撮影前にリラックスして、腕をあまり緊張させないで採ることが、ぶれない写真を撮るポイントです。

5.何枚も撮ってみる
どんな写真でもそうですが、素敵な写真を撮るときには準備と何枚も撮り続ける覚悟が必要なものです。どんなに自然に取れているように見える写真でも、実はものすごい数の中から選んだ1枚だった、なんてこともよくある話。まずは自分を撮りまくってみましょう!

6.自信をもちましょう
セルフィーを撮っているときは、恥ずかしがる必要は全くありません。自分が好きなようにいろいろ試すのがお勧め!セクシーショット、変顔、なんでもありです!写真を撮る際は自信を持って、そして楽しんで撮ること、これがベースにないと、どんなセルフィーも地震投げに写ってしまうものなんですよ。

7.編集する
セルフィーを撮ったら、そのあと自分で編集を入れるのは姑息な手段、なんて考えるのは古いですよ。どんどん自分を素敵に見せるための編集を入れちゃいましょう。別人に見せるためでもなんでもないですし、いろいろなフィルターを通してみることで、自分の魅力再発見につながるかも?

8.撮影角度をよく考慮して!

実はセルフィーを撮っている方の多くの方が、後ろの背景も考えたアングルを頭に入れつつ撮っていないようです。自分の顔は上を向いているときにベストなのか、ななめなのか、横顔なのか、まずは自分を研究してみましょう。+背景で動きを付けることができたら、最高ですよね!せっかくですから、みんなとは違うセルフィーを撮ってみましょう!

9.面白い人になる
変顔のセルフィーを撮るのは、すっごく面白いうえに、自分の性格も反映できます。格好良く写っている、かわいく写っている、美人に写っているセルフィーだけでは、なんとなく人間性の魅力までは伝わらないものです。ものすごくかわいい子なのに、変顔は本当に笑える、こんな女の子って魅力的だと思いませんか?

10.背景に鏡はNG
鏡の前で自分を確認してから、鏡の反対を向いてセルフィーを撮っている方も良くいらっしゃいますが、あれは確実にNGですよね。自分がかわいく見えるように調整しているのが見え見えで、素敵とは言いにくいものが多いですしね。

11.どんな写真が撮れるのか確認する
最後に、自分が撮る予定の写真をまずはチェックしてみましょう。カメラ付きの携帯やスマートフォンには、どんな写真が撮れるのかをチェックできる機能があったりしますからね!もし気に入るショットが撮れそうでしたら、そのままどうぞ♡

今までで最高のセルフィーを撮る準備は、整いましたか?
自信を持ってセルフィーを楽しんでいるうちに、スキルもアップするはずですよ!

○便利アイテムセルフィー棒
セルフィーを極めたい方は、こんな商品はいかがでしょうか?その名も「セルフィー棒」!
そう、自撮りする際に、もうちょっと腕が長ければ… と思ったことがある方もいらっしゃるはず。旅行などにも携帯できそうですし、要チェックアイテムといえそうですね♡

参照:
・Fantasutic tips on taking good selfies that you’ll proud of
http://lifestyle.allwomenstalk.com/fantastic-tips-on-taking-good-selfies-that-youll-be-proud-of

関連記事

今月初めにお知らせましたが、グランプリシリーズの唯一国内開催になるNHK杯につい...

歌手の泰葉(56歳)さんが、8月7日発売された「週刊ポスト」の9ページ袋とじで8...

アイドルグループ『私立恵比寿中学』“エビ中”のメンバーで女優、モデルとして活躍し...

 ズバ抜けた歌唱力とダンススキルで、業界内でも高い評価を受けている三浦...

 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権2015は、日本時間の早朝に女...

観月ありささんは、この4月期クールの連続ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まって...

最近のテレビ界にはハーフタレントが、これでもか!と言うほどにウジャウジャ溢れてい...

羽生結弦選手が出演する24時間テレビ、2015年は「被災地の想いをつなぐアイスシ...

羽生結弦選手は現在開催中のアイスショー「Dreams on Ice 2015」に...

ももいろクローバーZの有安杏果(22歳)さんが、東名阪で開催されていたソロコンサ...

NEW ENTRY

 

PAGETOP