WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


劇団ひとりの監督デビュー作!『青天の霹靂』

劇団ひとりの監督デビュー作!『青天の霹靂』
 
Pocket
LINEで送る

監督:劇団ひとり 脚本:劇団ひとり、橋部敦子

キャスト:大泉洋、劇団ひとり、柴咲コウ、他

 

<<ストーリー>>

場末のマジックバーで働いている売れないマジシャンの轟晴夫(大泉洋)はある日、10年以上も音沙汰のない父親の正太郎(劇団ひとり)がホームレスになっていた上に、亡くなったことを知ります。

父が住んでいたダンボールハウスを訪ねて涙ぐむ晴夫を、突如として雷が直撃します。

目を覚ますと晴夫は、40年前にタイムスリップしていました。偶然足を踏み入れた浅草ホールで、マジシャンだった父と助手を務める母(柴咲コウ)と出会い・・・。

 

お笑い芸人の劇団ひとりが書き下ろした小説を、自ら実写化したヒューマンドラマです。

小説を書いた本人が監督をするのがベストとは限りませんが、劇団ひとりの場合、この芸名は伊達ではなく、なかなか芸達者な人です。

笑いあり、涙ありの作風で、劇団ひとりの持ち味がとてもよく出ている映画です。

前作の『陰日向に咲く』もDVD化されていますが、こちらは平川雄一朗監督がメガホンを取っており、劇団ひとりはこの映画が監督デビュー作となります。

 

劇団ひとりは、この映画の主人公を「渥美清にオファーしたかった」と語っていますが、渥美清はフーテンの寅さんにしか見えないから、大泉洋で良かったように思います。

売れないマジシャン役にしては面白すぎる大泉洋ですが、人気女優の柴咲コウと組ませて、多くの観客に見てもらおうということでしょう。演技力があっても、無名の役者では観客を動員できませんから。

エンドロールで、ミスチルの主題歌『放たれる』が流れますが、これもまた泣かせる曲です。

 

<<キャストの出演作>>

大泉洋『ぶどうのなみだ』、劇団ひとり『ゴールデンスランバー』、柴咲コウ『すーちゃんまいちゃんさわ子さん』などの映画に出演しています。

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

女優の斉藤由貴さんが、先月、50代医師との手つなぎW不倫が報じられ、その際、会見...

TBSアナウンサーの安東弘樹(49歳)さんが、8月4日午前に港区六本木1丁目付近...

SMAP解散後、初の主演ドラマに挑んでいる草なぎ剛さんですが、ドラマの滑り出しは...

監督:ルイス・マンドーキ、脚本:ジェラルド・ディ・ペゴキャスト:ケヴィン・コスナ...

元『ミス慶應』でかわいいと人気のテレビ朝日アナウンサー・竹内由恵(31歳)さんの...

監督:ナネット・バースタイン、脚本:ジェフ・ラ・トゥリーペキャスト:ドリュー・バ...

高橋大輔さんは14日に故郷の岡山市内で会見をおこない、ついに現役引退を発表しまし...

 長瀬智也さんは、ジャニーズ事務所のアイドルグループTOKIOのリード...

ザキヤマこと山崎弘也さんはお笑いコンビアンタッチャブルとしてツッコミの柴田英嗣さ...

 第87回アカデミー賞の、ノミネート作品が発表されました!授賞式は2月...

NEW ENTRY

 

PAGETOP