WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


絶望の中で見つけた愛が希望を運んでくる『そこのみにて光輝く』

絶望の中で見つけた愛が希望を運んでくる『そこのみにて光輝く』
 

監督:呉美保、脚本:高田亮

キャスト:綾野剛、池脇千鶴、菅田将暉、高橋和也、他

 

<<ストーリー>>

仕事を辞めてからというもの、ぶらぶらしていた佐藤達夫(綾野剛)は、パチンコ屋で大城拓児(菅田将暉)という青年と知り合います。

拓児に連れていかれたバラックのような家には、寝たきりの父親とその介護をしている母親、そして水商売で一家を支える姉の千夏(池脇千鶴)が住んでいました。

達夫と千夏は互いに惹かれあい、やがて結ばれます。

しかし、その後。達夫は千夏の衝撃的な事実を知ることになり・・・。

 

綾野剛という人は、実に芸の幅の広い俳優だと思います。

本当はどういう人なのか、想像がつきかねるほど、いろんな役柄を演じきります。

この映画の原作は、41歳で命を絶ったという不遇の作家佐藤泰志(さとうやすし)の小説で、綾野さんは「脚本を3行読んだだけで出演を決めた」と語っています。

しかも、今回は函館弁をしゃべっています。セリフが聞き取りにくいのが難点ですが、雰囲気はいいと思います。

佐藤泰志は、何度も芥川賞の候補に上がっており、この『そこのみにて光輝く』も「第2回三島由紀夫賞」の候補です。

これだけ才能がある作家なのに、生きている間に認められなかったというのがとても残念です。

 

池脇千鶴さんは素朴な感じの女優さんで、今回の役はピッタリです。

高橋和也さんは元夫の役、菅田将暉さんはどうしようもないヤツだけど、家族思いの弟の役を熱演しています。

暗くて貧しくて、重苦しい映画ですけど、千夏は達夫と出会ったことで希望を見出すという救いが描かれています。

どん底のときには愛が支えになると素直に思える映画でした。

 

<<キャストの出演作>>

綾野剛『闇金ウシジマくんPart2』、池脇千鶴『凶悪』、菅田将暉『王様とボク』、高橋和也『EDEN』などの映画に出演しています。

 

関連記事

今月初めにお知らせましたが、グランプリシリーズの唯一国内開催になるNHK杯につい...

監督:大森立嗣 脚本:大森立嗣、高田亮キャスト:真木よう子、大西信満、大森南朋、...

今や日本のエースとなる羽生結弦選手が、14-15シーズン初戦に出場したGPシリー...

監督・脚本:バート・フレインドリッチキャスト:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ジャ...

フィギュアスケートはオフシーズンに突入しましたが、羽生結弦選手の人気ぶりは変わら...

今、ネットでは元俳優の高畑裕太さんの強姦致傷事件が冤罪ではないかと大騒ぎになって...

浜崎あゆみさんは、1990年代日本の歌姫として一世を風靡していた歌手です。歌だけ...

1月26日に都内で行われた2月24日公開される映画「ラ・ラ・ランド」のジャパンプ...

3月25日に公開の映画「PとJK」主演のハマリ役から、5月公開の映画「美しい星」...

柴田阿弥さんは元SKE48のメンバーで、AKB48総選挙でも選抜メンバーに選出さ...

NEW ENTRY

 

PAGETOP