WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


おじいさんはなぜ、特攻を志願したのか?『永遠の0(ゼロ)』

おじいさんはなぜ、特攻を志願したのか?『永遠の0(ゼロ)』
 

監督:山崎貴

脚本:山崎貴 、林民夫

キャスト:岡田准一、三浦春馬、吹石一恵、井上真央、染谷将太、他

 

<<ストーリー>>

佐伯健太郎(三浦春馬)のおばあさんが亡くなり、出かけた葬儀の席で今のおじいさんとは血のつながりがないと言われ、本当のおじいさんだという宮部久蔵(岡田准一)について知らされます。

太平洋戦争で、特攻隊として出撃した零戦のパイロットだったという宮部久蔵のことが気にかかり、かつての戦友にお姉さん(吹石一恵)と一緒に話を聞きにいきます。

敵を打ち落として戦死することが名誉とされていた当時の特攻隊の中で、祖父が「海軍一の臆病者」と呼ばれていたことを知った健太郎は・・・。

 

自分のおじいさんが「海軍一の臆病者」などと呼ばれていたことを知ったら、普通はがっかりしてしまうかと思いますけど、事情がありました。

おじいさんには、家族の元に必ず生きて戻るという、妻(井上真央)や娘との約束があったそうです。

「腕がなくなっても脚がなくなっても、必ず帰ってきます。たとえ死んでも、生まれ変わって必ず帰ってきます」と言っていたおじいさん。

それなのになぜ、おじいさんは特攻を志願したのかというのが、健太郎の疑問でした。

 

ネタバレしてしまうので結末については書きませんが、主演が凛とした岡田准一なので、「海軍一の臆病者」として過ごしたなどという残念な話ではありません。

宮部久蔵は特攻隊の教官であり、家族には生きて帰ると約束したものの、仲間を見捨てて自分だけ助かるわけにはいかないという葛藤がありました。

戦争を知らない私には、どのような思いで特攻隊が戦地に向かったのか想像できませんが、複雑な思いがあったでしょう、最後の岡田准一の表情にそれがよく出ていました。涙なくしては見ることのできない映画です。

 

原作は百田尚樹のベストセラー小説。戦争ものにもかかわらず大ヒットした映画で、レンタルビデオショップでも多くの人がレンタルしています。

主題歌である『蛍』をサザンオールスターズが作っており、桑田さんが「さらば、友よ。永遠に眠れ」と切なく歌いあげます。

 

<<キャストの出演作>>

岡田准一『図書館戦争』、三浦春馬『君に届け』、吹石一恵『ゲゲゲの女房』、井上真央『白ゆき姫殺人事件』、染谷将太『神さまの言うとおり』などの映画に出演しています。

 

関連記事

ボーカル・川谷絵音(28歳)さんが2016年1月には、ベッキーさんとのゲス不倫を...

6月30日、お笑いタレントの陣内智則(43歳)さんが、フジテレビアナウンサーの松...

6日発売の「女性自身」(光文社)でモデル・西山茉希(31歳)さんと所属事務所との...

監督・脚本:ニコール・ホロフセナーキャスト:ジュリア・ルイス=ドレイファス、ジェ...

7月30日にモデルの高垣麗子(37歳)さんが自身のブログを更新し、第1子となる女...

2014年にAKB48からSKE48へと移籍して活躍が期待されていた山内鈴蘭さん...

8月10日発売の「女性セブン」(小学館)で女優でSPEEDの上原多香子(34歳)...

現在フィギュアスケートはシーズンの真っ最中、どうしても競技が優先されますが、クリ...

8月19日、東京都内で行われたバイク普及イベント『バイクの日スマイル・オン201...

羽生結弦選手が14-15シーズンFSは「オペラ座の怪人」を選曲したことを報道され...

NEW ENTRY

 

PAGETOP