WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


吸血鬼にとって生きにくい世の中に…『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』

吸血鬼にとって生きにくい世の中に…『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』
 
Pocket
LINEで送る

監督・脚本:ジム・ジャームッシュ

キャスト:トム・ヒドルストン、ティルダ・スウィントン、ミア・ワシコウスカ

 

<<ストーリー>>

カリスマロックミュージシャンとして活動するアダム(トム・ヒドルストン)と、彼を支えるイヴ(ティルダ・スウィントン)の吸血鬼カップルを描いた、風変わりなヴァンパイアものです。

シューベルトなどの有名な音楽家達に曲を提供しながら、何世紀にもわたって生き続けてきました。

21世紀の吸血鬼は、夜な夜な人を襲って首筋に噛みつき、生き血を吸うなどという野蛮な行為は行っておらず、血液は特殊なルートで医者から購入しています。

彼らは、汚染された血液を飲むと衰弱死してしまうようです。アダムは、自殺用として木製の銃弾をこめたピストルを携帯しています。

血液を固めたアイスキャンデーをかじりながら、チェスを楽しむアダムとイヴがなんとも微笑ましい。

この世に嫌気がさしているアダムは死にたがっていますが、イヴのようなパートナーがいるなら、長生きも悪くないと思える映画です。

 

それなりに平和に暮らしていたアダムとイヴですが、ふたりの元に典型的な吸血鬼の妹エヴァ(ミア・ワシコウスカ)が訪ねてきます。

姉のイヴは知性的でエレガントな雰囲気ですが、妹のエヴァはイマドキのギャルで、お姉さんとは正反対。

この妹の起こした事件のせいで、ふたりは隠れ家を追われることに・・・。

 

現代は、吸血鬼にとっていかに生きにくいか?

というムードが、画面から漂ってきます。

日本も超高齢化社会なので、私達も100歳以上生きる可能性が出てきており、吸血鬼の気持ちが少しは理解できるのではないでしょうか!?

ごく普通の恋愛ものに飽きた人は、たまにはこのような退廃的なヴァンパイアものもいいのではないかと思い、ご紹介しました。

 

<<キャストの出演作>>

トム・ヒドルストン『マイティ・ソー』、ティルダ・スウィントン『ナルニア国物語』、ミア・ワシコウスカ『アリス・イン・ワンダーランド』などの映画に出演しています。

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

3月30日に発売された「週刊文春」に大ブレイク中の俳優・ディーンフジオカさんの学...

今月初めにお知らせましたが、グランプリシリーズの唯一国内開催になるNHK杯につい...

7月19日、元ダンス&ボーカルグループAAAのメンバー・伊藤千晃(30歳)さんが...

8月10日発売の「女性セブン」(小学館)で女優でSPEEDの上原多香子(34歳)...

関ジャニ∞の丸山隆平さんが主演する映画『泥棒役者』(2017年11月公開予定)が...

数日前に還暦を迎えたというタレントの松居一代(60歳)さんが最近おかしいと話題で...

今日12月7日フィギュアスケートの羽生結弦選手は、20歳の誕生日を迎えました! ...

フィギュアスケートにおいて、14-15シーズンの幕開けとなる9月にもお知らせしま...

今年1月に結婚した元テレビ東京アナウンサーの紺野あさ美(30歳)さんと、プロ野球...

現地時間10月31日から11月2日まで開催された、14-15シーズンGPシリーズ...

NEW ENTRY

 

PAGETOP