WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


りゅうちぇるが虐め加害者実名報道否定で大炎上!キャラクターのブレが話題に!

2017/01/07 by | エンタメ
りゅうちぇるが虐め加害者実名報道否定で大炎上!キャラクターのブレが話題に!
 

2016年にはかなりの活躍をしたタレントのりゅうちぇるさん。

2016年の年末にはかつてより交際をオープンにしていた、”ぺこ”ことオクヒラテツコさんとの結婚も発表し世間の好評価を集めていました。

ですが、ここにきて虐めに関する持論をテレビで展開したことで評判を落としています。

今回はりゅうちぇるが虐め加害者実名報道否定で大炎上!キャラクターのブレが話題に!などに注目していきます。

りゅうちぇるが虐め加害者実名報道否定で大炎上!

出典:https://prcm.jp/

2016年12月31日に結婚を発表し、その一筋で真面目な姿勢に祝福ムード一色になっていたタレントのりゅうちぇるさん。

そんな中、テレビの討論番組「好きか嫌いか言う時間 新春から超々々大激論SP」で迂闊な主張をして批判の的になっています。

また普段とは違い、1月3日の正月番組と言うことで余計に注目を集めてしまいました。

同番組は、俳優の坂上忍さんとお笑いコンビブラックマヨネーズ吉田敬さんのMCで、様々なテーマについて討論するものです。

出典:http://www.oricon.co.jp/

この日のテーマは「外国人が見た日本の嫌いなところ」や「日本の顔面格差社会」などで、その1つに問題の「虐め撲滅方法」と言う討論がありました。

撲滅方法の1つとして、「加害者の実名報道」と言うものが挙げられ、賛成意見が圧倒的多数だったのですが、この日ゲスト出演していたりゅうちぇるさんはこれに反対します。

その理由が「加害者が更生出来ない」、「捕まっただけで反省出来る」と言うものでした。

しかし、まず虐めで「捕まる」ことはありません。

仮に問題になっても、精々が転校や退学程度で済みます。

そもそもが、逮捕されたりする犯罪と虐めをりゅうちぇるさんが混同してしまっている感があります。

出典:http://geinou-resistance.info/

そもそも討論番組なのでマイノリティな意見があるのは当然ですが、その理由とするところがあまりに稚拙だったことも炎上の理由の1つと言えます。

ネットなどでは「賛同できない」、「実名報道されても加害者は守られている」「炎上を狙ってる」、「虐めで自殺した人間に後の人生はない」とした意見が噴出しました。

また、りゅうちぇるさん自身が過去に虐めの被害者であることを打ち明けていた為に、被害者じゃなくなった途端に被害者の気持ちを忘れるのかとの意見も。

確かに、現代の日本では過剰に加害者が守られている為、例え殺人などの犯罪を犯しても実行時期が未成年時であった場合、出所して別人として生きていけるシステムになってしまっています。

これでは「抑止力」として「実名報道」がどれだけの効果を発揮するかは疑問なところです。

また「実名報道」は二次被害や風評被害も考えられ、ピンポイントで加害者を罰することが容易ではないこともあるでしょう。

ですが、だからと言って代替案もなく何の手も打たない持論では非難されても当然でしょう。

出典:www.youtube.com/

ここでネットの他の意見も見ていきましょう。

「りゅうちぇる好きだけどいじめっ子に対して擁護するのはどうかと思う 」

「晒されても名前変えれるんやろ? 」

「なんで更生させる必要があるんですか?」

「社会を恨んで反社会派になるから? 」

「更正できないのは被害者やその親すら未成年に罰を与える事から逃げ続けてるからなんだよなぁ・・・ 」

「実名報道より傷害事件でしょっぴけよ。犯罪と思わないからやるんやろ 」

「名前出されたくなかったらいじめなきゃいいじゃん 」

「超えちゃいけないライン超えたなら更生すんな 」

「別に名前晒されても更生できるやろ 」

引用元

りゅうちぇるのキャラクターのブレが話題に!

出典:http://lineblog.me/

そんなりゅうちぇるさんですが、最近キャラがブレまくりでどうなのか?と話題になっています。

元々、りゅうちぇるさんの人気はそのバイセクシャルでおバカキャラと、行き過ぎのファッションなどで得たものです。

しかし、最近は普段のイケメンぶりを小出しに見せたり、イデオロギーをムキになって披露するなど少々方向性が違ってきています。

キャラクター的にも、年齢的にも今回のような発言は似合っていないと言えます。

しかも、その主張が中途半端であればあるほど世間の反発を買います。

この先芸能人としてどうなっていきたいのかはともかく、計画性のないキャラクターのブレは人気を落とすだけで何の得もありません。

視聴者も、現在はりゅうちぇるさんをどう捉えて良いのかが判らず不快な思いしかしていないと言うのが本当のところでしょう。

まとめ

今回はりゅうちぇるが虐め加害者実名報道否定で大炎上!キャラクターのブレが話題に!などに注目してみました。

虐め問題で、加害者寄りの発言をして大炎上してしまったりゅうちぇるさんですが、今回は誰が聞いても中途半端な主張でした。

おバカキャラも売りの1つだったりゅうちぇるさんが、あまりに前へ前へと自分の主張をするのは違和感しかありません。

マイノリティ的立場をとれば目立つことは確かですが、一歩間違えれば今回のように諸刃の剣になるだけです。

視聴者が求めるりゅうちぇる像は、そうしたものとは掛け離れたものでしょう。

関連記事

1日女優の堀北真希さんが2月一杯で芸能界を引退することを発表しました。堀北さんの...

元モーニング娘(5期生)で現在はテレビ東京のアナウンサーとして活躍している紺野あ...

監督:山口雅俊 脚本:福間正浩 、山口雅俊キャスト:山田孝之、菅田将暉、やべきょ...

監督:ミシェル・ゴンドリー、脚本:チャーリー・カウフマンキャスト:ジム・キャリー...

今日12月7日フィギュアスケートの羽生結弦選手は、20歳の誕生日を迎えました! ...

グランプリシリーズ第5戦は、21日よりフランスのボルドーで開催されました。 男子...

GPシリーズ初戦のスケートアメリカが、現地時間24日から26日に開催されました。...

こじるりこと小島瑠璃子さんはバラエティ番組を中心に活躍しているタレントです。バラ...

現在のフィギュア界で、世界をけん引するのは日本男子!世界的にみてもシニアのグラン...

Hey!Say!JUMPはジャニーズ事務所の若手アイドルグループで最近の活躍は目...

NEW ENTRY

 

PAGETOP