WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


『手相占い』における疑問と解答 その②

2015/02/19 by | 占い・診断
『手相占い』における疑問と解答 その②
 

 

「手相占いに信憑性ってあるの?」

 

そういった疑問を抱かれる方々のため、今回も、前回に引き続き、『手相占い』における“よくある疑問”についてご解説していこうと思います。

 

前回:

『当たるの!?『手相占い』における疑問と解答』

 

 

 

■ 手相占いの疑問と解答

 

【Q3】手相をペンで描いても効果あるって本当?

 

近年、メディアなどで活躍する手相占い師が、「ペンで手に“好みの手相”を描き加えると、その効果が得られる」なんて発言をしているのを耳にした方はおりませんか?

占い師のそんな不実の発言を真に受けて手相に、『太陽線(仕事で大出世する、お金持ちになれるなどの効果)』や『神秘十字線(幸運が舞い込むなどの効果)』を、描き込む方もおられることでしょう。

こういった占い師の虚偽が、近頃の手相占いにおいて、妙な誤解を生じさせてしまっている主な原因になっていると言えます。

まかり間違っても、『手相が自分を幸福にしてくれる』などと誤解してはなりません。

本来、脳がそれぞれ固有の特性を手相に表しているわけで、つまり『その手相があるから、自分が幸せになれる』というのが正しいのです。

そのため、ペンで手相を描き足せば、その恩恵を得られるというのは、占い師の飛躍しすぎた妄想でしかでもありませんので、素直に信じてしまわぬよう気を付けましょう。

 

 

 

【Q4】悪い手相があったけれど、どうすれば良い?

 

『破産線(将来的に破産すると言われている手相)』や『非モテ線(生涯を通してモテることのないと言われる手相)』など、良いことがあれば悪いこともあるように、手相においても良い手相・悪い手相などと呼ばれる手相が存在します。

けれど、それらもすべての良し悪しを左右するのは、結局は本人次第なのです。

「悪い手相があったから、生きていてもしょうがない」
「良い手相があったから、何もしなくたって幸せになれる」

そんなことは絶対にありません。

『良い手相』というのは、何の頑張りもなしに名誉や大金を得られる、ということではなく“努力次第で成功できるサイン”なのです。

そしてまた、『悪い手相』も同様、何もしなくたって不幸が舞い込んでくる、なんて意味ではなく“そうなる可能性があるから注意すべきサイン”と解釈しましょう。

 

 

 

 

「占い」というのは決して、人を傷つけるためのものではなく、人のヤル気を促し、人が失敗を犯さないため誘導してくれる、その手段の一つです。

「占いの結果」に怯えることなく、それを受け止め、良い方に活用できる精神的強さを身に付ければ、今よりさらに「占い」を楽しめることでしょう。

関連記事

 【九星気学】7月の運勢 (1)一白水星 ※ 一白...

服に付いている長い髪の毛、上半身の不振な爪跡、漂う甘い香り……なんだか怪しいと思...

 仕事も人間関係も上手くやれている――なのに、日々の生活に満足感を得ら...

人は『平等』にできている……とは言っても、「運の良い人」と「運の悪い人」は、あき...

 前回に引き続き今回も、「デスク」で分析することができる『性格分析術』...

年末年始と占いを楽しんだ人は多いでしょう。しかし、中には 「嘘…今の彼...

   ――「風水」なんか信用できない。 ...

『手相』と言えば、将来お金持ちになれるだとか、ベンチャーの才能があるだとか、主に...

 ――『運気』を高めたい! 人生が良い方向に転ぶも、悪い方向...

――『夢』のなかでは幸福であったのに……。 鳥のように自由に空を飛んだ...

NEW ENTRY

 

PAGETOP