WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


天職はナニ!?自分に合った職業を見定められる『適職診断テスト』

2015/02/02 by | 占い・診断
天職はナニ!?自分に合った職業を見定められる『適職診断テスト』
 

 

 

――自分はいったい、何が適職なの?

 

特に就きたい仕事・やりたい夢なんてのはないけれど、社会で暮らす以上“なにもしない”わけにはいきません。

できれば自分の能力に見合った職業を選びたいけれど、……はたして、自分に合った『適職』とはなんなのか、それすら分からない方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、自分に合った『適職』を見定めることができる「診断テスト」をご紹介します。

 

 

 

■ 『適職』診断テスト

 

【Q1】椅子に腰掛け足を組んでみてください。

 

(右足が上にくる方)

右足が上にくる方の特徴は、何か物事を始め、それが自分の趣味に合致したとき、その物事を一定時間のみ熱中します。
がしかし、一度やめてから、また同じことをしようとすると気が乗らない「熱しやすく冷めやすい」タイプです。
同じことを黙々と続けることが得意ですから、それを活かした職業が適職でしょう。

 

[適職]
教師、公務員、銀行員、タクシー、運送業、学者など。

 

 

(左足が上にくる方)

左足が上にくる方は、特に気分は乗りませんが、逆に気分が落ちることもありません。

何でもそつなくこなせる面は高く評価されますが、それのみで止まってしまう方が多い「器用貧乏」タイプです。

さまざまな問題に素早く対応できますので、その能力を生かせる仕事が適職でしょう。

 

[適職]
コンビニ、飲食店業務、経営者、弁護士、家政婦など。

 

 

 

【Q2】何か近く(約30センチ)のモノを見つめて、右目を閉じてみてください。

 

(見ているモノの位置が変わった方)

位置が代わった方は、いつも右目を主に使っているということであり、物事を感覚的に把握する特徴があります。

これはキレイ、これは汚い、などと確かな理由は分かっていないのにもかかわらず、それらを把握できる能力に長けている「感覚派」タイプです。

 

[適職]デザイナー、アニメーター、ゲーム・アプリ開発、設計士など。

 

 

(見ているモノの位置が変わらない方)

位置が変わらない方は、いつも左目を主に使っているということであり、事柄の背景をちくいち確認していく特徴があります。

論理的に解釈できるものでなければ受け入れない保守的な姿勢は、物事でほとんど失敗することのない「論理派」タイプです。

 

[適職]警察、探偵、マッサージ士、保育士、看護師など。

 

 

 

 

人にはそれぞれ個性や才能、好み、経歴などがあり、それに応じた職業がいわゆる“天職”です。

それを知らずに「就けたからいい」「きっと、これも運命だ」などとなかば諦めて、苦手な仕事をしていても、現状が改善されることは一向にありません。

あくまで職業を選ぶ参考までに、上記の『診断テスト』を総合的に考察して、就職口を選んでみてください。

 

それでも自分にあった職業に悩んでしまう場合は、総合占いサイト『ミラビリス』の無料診断を試してみるのもいいかもしれません。

入力したメールアドレスに結果を送ってもらえます。

ご自身の基本性格などが細かく書かれているため、自分がどういった人間で、どういったことが合っているかを見つめなおす機会にいいかもしれません。自分を見つめなおすことにより、ご自身にあった職業が見つかるかもしれませんね。

関連記事

【2016運勢】九星気学 七赤金星※七赤金星は、昭和23、32、41、...

  (1)一白水星 ※ 一白水星は、昭和29、38、47、5...

『素敵な恋愛』や『楽しい職場』など、幼い頃に夢見た“充実感に溢れた大人”になれて...

【11月の運勢】 前半:一白水星~五黄土星はこちら &nbs...

  人には、それぞれ「向き・不向き」があって、それは恋愛にお...

  「占いって、本当に当たるんですか?」 ――そんな質問をよ...

   “運命の人”はいったいどこにいるの!?&nb...

  『こんなはずじゃなかったのに……』  ...

美容やダイエットなどと並び多くの女性が関心を持っているもの、それが「占い」です。...

 「このままで、いいの?」  同年代なのに――結婚...

NEW ENTRY

 

PAGETOP