WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


顔ですべて分かる!どんな男か見抜くことができる『人相診断』

2014/11/27 by | 占い・診断
顔ですべて分かる!どんな男か見抜くことができる『人相診断』
 

 

 

――幸の薄そうな顔のひと……。

 

「手相」や「誕生日」などによる『診断・占い』をするにあたっては、どうしてもその任意の男性との間に親交が必要不可欠になります。

親交があるていど深まったあとで、「手相」や「誕生日」などをチェックして、――「あ、こういう部分とか当たって」と思っても、それは驚きと少しの喜びを覚えるだけで、あまり実際的な意味はありません。

『一度も会話も交えてないのに、その任意の男性の本質を知ることができること』それこそが、占いや診断などで本髄でしょう。

そこで、顔を見ただけでその男性が“どんな男性”なのか、それを見抜くことができる『人相診断』をご紹介します。

 

 

 

■ 人相診断の信憑性

人類は現在の西暦が始まるより前、紀元前の時代から『人相学』として、人相によるそのヒトの運命の影響を調べていたことが分かっています。
現在ではすでに二千数百年ほどの記録と研究、さらにはさまざまな方面からの情報をふまえることによって、かなり精確な『人相による本質』が構築されつつあるのです。
他の診断や占いなどに比べて、比較的に妥当性が高く、簡易的な方法で調べることができる『本質診断』の方法となっています。

 

 

 

■ 人相診断

 

(1)おでこ

 

額が広い相――嫉妬深い、気遣いができる、おひとよし、コミュニケーションが苦手、執念深い、物事を論理的に思考する。

額が狭い相――本能のおもむくままに行動、浮気性、話しやすい、コミュニケーションが上手、考えることが嫌い。

 

 

年齢を重ねれば重ねるほど、大抵の方は前髪が後退し、額が広がっていきます。
それも、歳を積むほどに誰しも物事を深く考えるようになり、子供の頃よりも理知的な判断が行なえるようになっていくため、という説があるほどです。

 

 

 

(2)目

 

大きい目――観察力・洞察力が高い、相手の立場になって考える対応、打算的。

小さい目――感情的、人情が厚い、頑固者、わがままな性格。

 

 

現代では、何かと「大きな目」の方がもてはやされ、わざわざ二重にするヒトも多くなってきていますが、つい200年ほど前までは「小さな目」のヒトの方が人気がありました。
その時代の風潮にあった『本質』、そういった部分で人々の流行が変化していくのかもしれません。

 

 

 

(3)口

 

大きな口――社交的で上司・後輩から好かれる相、精力的、S気質、言葉が軽い。

小さな口――寂しがりや、一部の人から支持されるが一部からは嫌われる相、精神的に人を責める根暗タイプ、言葉に重みがある。

 

 

人の口を見れば、その人の「第ニ印象」……つまり、『人と接するときに見せる顔』を知ることができます。

 

 

 

いかがでしたか?
合コンやお見合い、SNSでの交流など、その場ですぐに“男性の本質”を知りたいときは、今回ご紹介した『人相診断』を覚えておくと役立つかもしれません。
ぜひ、恋愛に応用して、ご利用してみてください。

関連記事

 『良いことがあれば、悪いこともある』  世の中は...

『自分』という存在が何のためにいるのか――そのことについて疑問を抱いた経験は、誰...

≪生年月日≫ (生まれ年)昭和27、29、36、38、45、47、54、56、6...

今年も、もう12月となり、年末まであとわずかになりました。 平成26年...

【11月の運勢】 前半:一白水星~五黄土星はこちら &nbs...

  来年の運勢がそろそろ気になっている方も多いことでしょう。...

――なんなの……このオトコツ! 男性と交際してみて、最初は“好きな人と...

「合コンで好みの男性を見つけ、ひたすらアプローチ、しかし『いつも』あえなく撃沈し...

  『手相』は、そのヒトの人間性(個性)が表れると言われてい...

 ――「手相占い」って本当に当たるの? 実際に『手相鑑定』を...


PAGETOP