WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


何色好き!?カラーの備え持つ『風水パワー』

2015/04/19 by | 占い・診断
何色好き!?カラーの備え持つ『風水パワー』
 

 

ファッションやインテリアを選ぶとき、見た目や大きさ、形状などさまざまな観点から、それぞれおの“具合い”を比較しますよね。

その際、ほとんどの方が、『カラー』に関して無頓着――おのずと“自分の好みの色”を選択していることだろうと思います。

けれども、『カラー』にはもともと大きな「風水パワー」が備わっていますから、“自分の好み”だけで、安易に選択をすることはあまりおすすめできません。

ちゃんといろいろな『カラー』の意味を覚えて、風水的に自分の本質を活かせるようになりましょう。

今回は、『カラー』のなかでも、特に色の意味や効果が強く表れる「原色」について解説いたします。

 

 

■ カラーの意味

 

(1)

「赤色」と言えば、キケンとか注意とか、悪い意味でとられがちですが、風水的な意味合いでは『エネルギー』を表します。

「活力がわかずヤル気がでない」や「何に対しても飽きっぽい」などの悩みがある方は、自室に「赤色」のモノを置くようにしましょう。

俗に「男性よりも、女性のほうが『決断力』がある!」と言われるのは、女性のほうが「赤色」のモノを身に付けている割り合いが多いから、とも言われております。

 

 

 

(2)

「青色」は、人の気持ちを落ち着かせるリラックス効果、および安心感や包容力を与えることから、風水的な意味合いでは『自由』を表します。

「すぐに緊張してリキんでしまう癖」を直したり、「不安や悩みを自分ひとりで抱え込んでしまう癖」を改善させたりなどしたい場合には、身の回りに「青色」のモノを置くべきです。
また逆に、さぼり癖やなまけ癖など「自分に甘い思考」を改善したい場合は、身の回りから「青色」のモノを取り除きましょう。

 

 

 

(3)

「緑色」は、風水的な意味合いで『癒し』を表します。

「青色」にもリラックス効果がありますけれど、それは“束縛からの解放”を意味していて、「緑色」の備えている『癒し』のリラックス効果とは根本的に違うものです。

さらに詳しく言うと、「青色」はどちらかと言えば「肉体>精神」のリラックス効果なのに対して、「緑色」は「肉体<精神」のリラックス効果を備えています。

「何故だか、心が重たい」「生きていることが苦しい」など、そういった原因のよく分からない辛さを和らげる効果がありますので、ストレスを解放させたいときは「緑色」のモノを身に付けるようにしましょう。

 

 

 

『薬も過ぎれば毒となる』という、ことわざの通り、部屋をピンク一色にしたり、服装がすべて黒になってしまったり、することは風水的に良くありません。

適度に、いろいろな『カラー』を用いるようにしましょう。

関連記事

 『好きな男性と、何としてでも付き合いたい』魅力的な男性がいれば、その...

【2016運勢】九星気学 三碧木星※三碧木星は、昭和27、36、45、...

『血液型診断』……と聞くと、おそらくB型の方は耳が痛いでしょう。 &nbs...

 『良いことがあれば、悪いこともある』  世の中は...

    ――自分はいったい、何が適職なの? ...

今年も、もう12月となり、年末まであとわずかになりました。 平成26年...

 今回もまた、今月(5月)から7月までの“3ヶ月間”の『運勢のバイオリ...

 後半:【3月の運勢】九星気学 後半 (1)一白水星 ※ 一...

  前回の『アニメ性格診断』に引き続き、今回もアニメのカテゴ...

  今、あなたは幸福ですか?  子供の頃...


PAGETOP