WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


季節の風物詩のお寿司をダイエットにする食べ方

季節の風物詩のお寿司をダイエットにする食べ方
 

明日3日は節分、さらに1か月後に多くの地域で、ひな祭りを迎えます。

節分は恵方巻、ひな祭りはちらし寿司が、どちらも季節の風物詩として定番メニューです。しかしダイエット中であれば、カロリーオーバーにしない食べ方にしましょう!

 

節分の恵方巻とは

明日は恵方巻を食べる予定が多いでしょうが太巻きで、しかも1本丸ごと食べます。

これは巻き寿司に意味があり、福を巻き込むことに由来します。さらに丸ごと食べるのは縁を切らない意味が秘められ、無言のまま丸かじりする、かなりワイルドな風習です。

そして2015年の恵方とは、西南西のやや西です。感覚的に掴みにくいので、まず西をみてから、ちょい南に向き直してください。

 

恵方巻の具材に注目!

恵方巻は関西発祥とされ全国的に広がり、ごく一般的には7つの具材の巻き寿司なので、さすがに太巻きになります。

これは七福神にちなみ、基本に忠実な恵方巻とはこの7つです。

①かんぴょう

②キュウリ

③干し椎茸

④桜でんぶ

⑤うなぎor穴子

⑥厚焼き卵orだし巻き卵

⑦高野豆腐

並べてみると分かりますが、どうしても砂糖により甘い味付けが多く、これはひな祭りのちらし寿司についても共通点なので応用してください。

だから恵方巻を1本丸かじりするだけで、このままなら500 kcalから600kcalくらい摂取します。

 

レシピに具材をひと工夫でダイエット

ベーシックな恵方巻のままでは、キュウリ以外は甘くなってしまい、できるだけ海鮮類が豊富な恵方巻や、ひな祭りなら海鮮ちらしを選んでください。

マグロ、サーモン、エビなどが理想的です。特にマグロは赤身を選べばカロリーを抑えられ、さらにEPADHAにより、血行促進効果に脂肪燃焼の作用が期待できます。またエビは高タンパク低脂肪、糖質を含まないことでダイエット食材です。

甘い具材の中でも干し椎茸はおすすめ、低カロリーだけでなく、脂肪の吸収を抑える食物繊維や、糖質や脂質の代謝に大切なビタミンB群が豊富なので、これもダイエット食材になります。

できればキュウリだけなく、レタスやカイワレ、大葉など野菜をプラスしてください。

 

恵方巻の食べ方とダイエットお寿司

ひな祭りはちらし寿司にハマグリのお吸い物が定番ですが、恵方巻は願い事をしながら食べることでも無言のままなので、早食いになりがちではダイエットに大敵です。

しっかり噛み、できれば野菜たっぷりの味噌汁やスープを合わせるのが理想的で、その方が食物繊維により代謝が向上するのでダイエットなります。

さらに自家製が望ましく、酢飯の砂糖の使用を控えることができるので好条件です。

 

関連記事

 冬に向かう晩秋の季節、ライフスタイルも冬支度を始めたいシーズン到来で...

Twitterがきっかけになり誕生したことで、話題の「にゃんそうこう」とは、飼い...

10月に入り今年もいよいよ秋に突入しましたが、まだまだ暑い日が続きそうです。 ...

 健康と美容は、食事が基本になります。だから美容を仕事にするモデルこそ...

 健康のためにヨガをやりたいと思ってヨガを始める人はとても多いです。運...

女性であれば誰もが一度は経験したことがあるのがダイエット。 エクササイズ系のも...

明日の10月1日は「ピンクリボンデー」、すっかり恒例となりますが、ピンクのライト...

  「全然、痩せない!」 いくら食事を制限しても、...

ジョギングは健康やダイエットに良い運動として知られています。 しかし、中には運...

乳酸菌が注目され始めてから随分長くなりますが、これまでは専ら便秘解消効果が注目さ...

NEW ENTRY

 

PAGETOP