WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


お餅の食べ方をダイエットにつなげる方法

お餅の食べ方をダイエットにつなげる方法
 

そろそろお正月気分から脱け出す生活へ、シフトすることが必要になる時期です。しかしお正月のゆったりした心地好さ、そして寒さから運動不足に陥り、ますますダイエットする意欲が低下する季節でもあります!

またお正月のお餅が残り、それを片付けることで、さらにダイエットが難しい条件が重なりませんか?

 

お餅とカロリーの関係

お餅は太りやすい食品といわれ、カロリーが高いのが原因と思っていませんか?

お餅のカロリーについて諸説あり、以前は1個でご飯茶わん1膳といわれた記憶でしたが、最近では市販されるタイプなら切り餅2個でも、ご飯茶わん1膳分もないそうです。

だからと数を食べてしまっては、やはりお餅が太る原因になるでしょう!

もしお餅で太るなら食べる数を抑えること、それからもう1つの理由が考えられます。

 

お餅について意識したいポイント

お餅で太りやすいならカロリー以上に、GI値を気にしてください。GI値とは、グリセミック・インデックスGlycemic Indexになります。

これは炭水化物が糖に変化するスピードを数値化したもので、GI値が高い食品とは血糖値を上げるので太りやすく、体脂肪に変わる性質が強いとみられます。つまりお餅で太るのは糖化の方が、もしかしたら影響が大きいかもしれません。

例えば炭水化物でも玄米はダイエット食とされ、GI値が低い代表の穀物になります。しかし一方では消化の悪さで知られ、つまりGI値が高いと消化が早いことが一般的です。だから早く消化することで、また食べてしまう悪循環も考えられます。

でもお餅はGI値が高いのに腹持ちが良い食品とされるので、レシピにより食べ方次第で、ダイエットにつなげられる考え方ができます。

 

お餅の食べ方レシピのポイント

お餅はGI値が高い炭水化物とされ、通常では84。ちなみに玄米は55になります。しかしGI値は食品の組み合わせ方で下げられ、食物繊維と一緒に摂取する方法が理想的です。これも玄米は繊維質が多いことで知られ、ただ消化が悪い原因にも通じるわけです。

だからお餅は、繊維質の多い海苔と合わせた磯辺焼ならGI61、きな粉餅ならGI66と変化します。もちろん大根おろしを合わせた辛味餅や、納豆の組み合わせなら、お餅の食べ方をダイエットにつなげられそうです。

さらに注目点は消化が早いとGI値が高い傾向がみられるので、お餅は焼き餅の方がダイエットになりやすいでしょう。お餅を煮る調理法にすれば消化が良いので、雑煮やお汁粉は太りやすい理由です。ただ雑煮に関しては野菜を具だくさんにすれば、GI値を下げる方法に変えられます。

 

関連記事

 大雨は各地に被害の爪痕を残しましたが、もともと台風から発生したので、すでに通過...

Twitterがきっかけになり誕生したことで、話題の「にゃんそうこう」とは、飼い...

スイーツ好きなのにダイエット中という人は、もしかしたら女性の大多数では?女性の方...

皆さんおなじみ、ヴィクトリアズシークレット(以下、ヴィクシー)。 ヴィ...

 そろそろ常温で、水分補給したくなる季節です。昼間は温かい飲み物でなく...

巷には色々なダイエット方法があふれています。 実に多くの種類があり、これからダ...

乳酸菌が注目され始めてから随分長くなりますが、これまでは専ら便秘解消効果が注目さ...

女性はスイーツ好きが多く、ハチミツのフレーバーは人気です。ハチミツが使われると味...

新しい出会いやイベントなどで人と接する機会が増える、この季節。楽しく会話していた...

おしゃれは足元からはファッションの基本ですが、歩き方や靴の履き方で足の健康が違っ...

NEW ENTRY

 

PAGETOP