WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


どう脱出する?ゴールデンウィーク後の気だるさ対応法3選

どう脱出する?ゴールデンウィーク後の気だるさ対応法3選
 

連休後の仕事は、ダルく疲れやすいと感じる人も多いでしょう。

そして、「この仕事、もうやめたい」と思いつめてしまう人も少なくありません。

 

ですが、もしかしたらその気だるさは解消できるかも!

では、どうやってその気だるさを解消するのでしょうか。

 

1. 早寝する

気だるさや疲れやすさの主な原因は、睡眠不足。

特に連休は、夜遅くまで起きている人も多く、睡眠不足になりやすい状態です。

 

連休明けの早起きはなかなかできず、余計ストレスを抱えてしまうこともあるので、早寝をして睡眠時間と質を高めてあげましょう。

 

2. 腹八分目を心がける

せっかくの休みですから、美味しいものをたくさん食べてしまいますよね。

ただ、食べ過ぎは体に余計な負担をかけてしまいます。

 

体の負担を軽減するためにも、食事は健康志向で腹八分目を心がけましょう。

それだけでも、胃もたれや嫌なイライラが軽減されますよ。

 

3. 途中に短い休憩を挟む

連休明けは、どうしても集中力がとぎれやすいもの。

それを「仕事に集中できない=鬱だ!」と極端な考え方をしてしまう人も。

 

そうなる前に、集中力を意識的に保つためにも途中で短い休憩を入れましょう。

そうすることで、「集中しなきゃ!」と無理に自分を追い詰めることはありません。

 

 

いかがでしたか?

たったこれだけですが、実行するのは意外に難しいもの。

しかし、嫌な気だるさから脱出したいなら、この方法をぜひ試してみて。

*継続しなければ、効果はでません。

関連記事

最近は、青汁がたくさん研究開発されて販売されています。 そんな中、とても良い青...

女性はスイーツ好きが多く、ハチミツのフレーバーは人気です。ハチミツが使われると味...

近年癒しの効果を求め、様々なストレス発散方法が提案されています。ただ、ストレスは...

摂取カロリーを抑えながらも、身体に必要な栄養素はしっかりと摂るのがダイエット成功...

ダイエットには色々な方法がありますが、中には想像以上に辛くて続かないものもありま...

朝起きるのが辛い、ダルくてすぐに体を起こせないこと、ありますよね。特に寒い今の季...

明日の10月1日は「ピンクリボンデー」、すっかり恒例となりますが、ピンクのライト...

 そろそろ常温で、水分補給したくなる季節です。昼間は温かい飲み物でなく...

  毎年インフルエンザの流行シーズンは12月から、3月くらい...

Twitterがきっかけになり誕生したことで、話題の「にゃんそうこう」とは、飼い...


PAGETOP