WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


「アッ、あごにお肉が」…気になる二重あごを解消する方法

「アッ、あごにお肉が」…気になる二重あごを解消する方法
 

少し食べすぎたり、運動不足が続いたりして体重が増えるとすぐに影響が表れるのが「あご」です。
体重の増減を敏感に表す場所で、少し油断するとすぐに二重あごになってしまいます。
二重あごが困るのは隠すことができないという点です。
お腹や背中、腕やお尻などであれば多少太っても衣服で隠すことができますが、二重あごではそうはいきません。
また、二重あごが厄介なのは部分や背が難しいという点にあります。
マッサージや小顔ローラーで対処してみても効果はほとんど期待できません。
そんな二重あごは、会話や食事の際に口周りをあまり動かさない若者に特に多いと言われています。
二重あごを治すことは簡単ではありませんが、改善策が無いわけではありません。
以下ではその改善策について紹介します。

基本はよく噛むこと

戦後、日本人の食生活は急激に変化し、それまで米を主食にしていた食生活から、麺類やパンを主食とする食生活へと変わっていきました。
麺類やパンは米と違って何度も噛まなくても食べられるため、こうした食生活を続けているとどうしても顔の筋肉が衰えてしまいます。
顔の筋肉が衰えてしまうと輪郭がぼやけ、肌がたるみ、果ては二重あごを作ってしまいます。
これに対する対策は簡単で、食事の際に毎回よく噛むことを意識すればいいのです。
一口につき約30回を目安に噛むと良いでしょう。
よく噛むことは顔の筋肉を鍛えるだけでなく、満腹中枢を刺激し食べる量を抑えることにもつながります。

美容効果の含まれる雑穀がおススメ

毎日食べる米を雑穀に変えれば二重あご解消だけでなく、美容効果を得ることもできます。
雑穀には、アンチエイジングに効き目のあるポリフェノールや抗酸化作用を持つプロアントシアニジン、
その他にもカルシウムや食物繊維などの成分がたっぷりと含まれています。
また白米よりも硬く噛む回数が増えるため、満腹中枢が刺激されてダイエットにも良い影響を与えてくれます。

関連記事

 大雨は各地に被害の爪痕を残しましたが、もともと台風から発生したので、すでに通過...

ジョギングは健康やダイエットに良い運動として知られています。 しかし、中には運...

インフルエンザが流行シーズンですが、だいたいインフルエンザが話題になる季節に心配...

巷には色々なダイエット方法があふれています。 実に多くの種類があり、これからダ...

 毎度のことながら、また今年も『花粉症アレルギー』のかたには、非常に辛...

おしゃれを楽しみたい女性を悩ませるもの、それが「セルライト」です。 短いスカー...

夏休みが終わり、今年もいよいよ秋が訪れました。 夏よりも気温の下がるこの時期は...

  毎年インフルエンザの流行シーズンは12月から、3月くらい...

春は出会いの季節、もしかしたら年末年始以上に、4月はお酒を飲む機会が多いかもしれ...

近年癒しの効果を求め、様々なストレス発散方法が提案されています。ただ、ストレスは...

NEW ENTRY

 

PAGETOP