WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


インフルエンザ流行時期に備えたい予防接種と対策の基礎知識

インフルエンザ流行時期に備えたい予防接種と対策の基礎知識
 

 

冬に向かう晩秋の季節、ライフスタイルも冬支度を始めたいシーズン到来です。冬の健康で気をつけたいなら、インフルエンザが代表的な症状でしょう。

 

インフルエンザは感染症

風邪と混乱しやすい症状でも知られるインフルエンザは、同じ感染症です。インフルエンザと風邪の違いは、インフルエンザは全身症状がみられます。倦怠感や下痢など腹痛が代表的、さらに高熱になるのも特徴的なので、関節の痛みが伴う症状がみられます。

インフルエンザは飛まつと接触が、主な感染経路となり、この部分も風邪は酷似します。

飛まつ感染は、くしゃみや咳により病原菌が飛散しやすいことが原因です。その病原菌が付着した手で触れた場所から広まることも、代表的な感染経路です。だからドアノブやエレベーターのボタン、電車のつり革など公共スペースが接触感染の原因に考えられます。

感染症予防に誰でも知っていることですが、まず帰宅したら、うがいと手洗いが鉄則です。病原菌を除去する意識で取り組むことでも違い、なんとなく習慣化するより丁寧になるので、予防効果を高めますよ!

 

意外と知られてない予防法

外出先から帰宅したら、うがいと手洗いを習慣化しても、感染症に掛かりやすい自覚症状があれば、取り入れたい予防法があります。

それは、うがいと手洗いをすれば、すべて病原菌は除去できた気になっていませんか?

つまり顔や頭髪も、外気に触れます。いってしまえば全身、どこに病原菌が付着しているのか分かりません。だから帰宅したら、なるべく早めに入浴することでも、風邪の発症率を下げられるという医学的意見があるほど。

インフルエンザの流行シーズンは帰宅したら、真っ先に入浴するくらいにしないと。その時季はくつろぎの生活空間にまで、病原菌を広めてしまう心配がありますよ!

 

予防接種について

インフルエンザは日本でも、年間に約1万人もの死亡者数とみられ、実はヨーロッパなどインフルエンザが死因になることは珍しくありません。これは地理条件や、住環境の影響が考えられ、重症化しやすいのも特徴的です。

だからワクチンの利用は、重症化の予防に期待できます。インフルエンザのピークとなる流行前に、予防接種を対策に取り入れてください。

例年であればインフルエンザの流行とは、12月から3月くらいまでとみられます。予防接種をしてワクチンの効果が期待できるまで、2週間程度は必要というのが一般的な体調です。

あと保温と加湿を取り入れ、休養をとり、栄養バランスの良い食事も抵抗力を高めるので予防法になります。

 

関連記事

2014年も、あと1ヶ月となりましたね。この1年を労い、職場や友人と忘年会をする...

「もっと痩せたい…。」「体重を落としたい…。」「痩せれば、モテるのに…。」&nb...

いよいよ花粉症シーズンが到来、11日にスギ花粉の飛散開始を報じられ、しかも今年の...

「彼氏いないし、友だちは予定あるし…」「仕事があるから、クリスマスもいつも通り…...

皆さんおなじみ、ヴィクトリアズシークレット(以下、ヴィクシー)。 ヴィ...

今年もあとわずかとなりましたね。あなたにとって、2014年はどんな年だったでしょ...

新学期が始まったばかりなのに、急激にデング熱による感染報道が増え、つい不安に感じ...

生理不順や肌荒れなどに悩んでいる方に共通しているのが、ホルモンバランスの乱れです...

毎年夏が近づくと「夏までには痩せきゃ!」と焦ってダイエットをしていた人も多いでし...

いつまでもスリムで美しくいたい女性にとって、ホルモンの変化や年齢による体の衰えは...

NEW ENTRY

 

PAGETOP