WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


インフルエンザ流行に見直したい生活習慣と重症化について

インフルエンザ流行に見直したい生活習慣と重症化について
 

 

 

毎年インフルエンザの流行シーズンは12月から、3月くらいとみられます。

しかし今年は早い時季からインフルエンザの注意喚起を訴えられ、すでに全国で患者数は200万人を超えたとみられます。昨年のピーク時を上回る患者数で、集団感染や重症化により死亡が伝わるほど!

インフルエンザ対策について、関東ローカル情報番組「PON!」による解説が分かりやすく、まとめてみましたので健康対策の参考にしてください。

 

風邪より重症化しやすい理由

インフルエンザは風邪に比べ、重症化しやすいのが特徴的です。だから今年も死亡者が伝わり、同じウィルスによる感染症でも違いが出ます。

その理由はインフルエンザのウィルスの方が、毒性の強いのが原因です。だから感染すると関節痛や頭痛、倦怠感など全身症状がみられます。ウィルスの毒性の強さにより、全身の細胞に与えるダメージが大きく、免疫システムが強く反応します。

ウィルスの増殖を防ぐために自己防衛に発熱することで、だから一気に高熱になるのがインフルエンザの特徴というわけです。

 

インフルエンザが重症化について

インフルエンザの重症化による主な症状は、まずインフルエンザ脳炎で、これはウィルスが脳に入ることで炎症を引き起こします。

そして死亡者が出たインフルエンザ脳症は、全身の免疫システムがウィルスと戦うことで過剰に反応します。しかし免疫力が働き過ぎてしまい、脳にまでダメージを与えます。

インフルエンザ脳炎と脳症の注意したい前兆とは、けいれん、呼んでも返事をしないなどの意識障害、さらに異常行動で自分の手を咬むなど、子供に多くみられる重症化だそうです。

そして肺炎も主な症状で高齢者に多く、呼吸困難に注意してください。インフルエンザ後に発症することが多く、遅れて症状がみられるので、解熱後5日程度は注意が必要です。

インフルエンザは医療機関での治療が大切ですから、さらに予防接種は発病を阻止するより、重症化を防ぐ効果が有効とみられます。

 

うがいと手洗いについて

インフルエンザ対策に普段以上に帰宅したら、うがいと手洗いの生活習慣を忘れないでしょうが、さらにポイントに意識してください。

うがいは薬を使い、3回セットにして繰り返してください。まず1回目は口腔内の雑菌洗浄にクチュクチュうがい、2回と3回目はノドの奥まで入れてガラガラうがいを15秒ほど。

そして手洗いは泡立つ石けんが理想的で、親指から小指、さらに手首までしっかり洗浄してください。

また加湿は50%から60%にして、アルコール消毒やマスクの着用も予防になります。

 

関連記事

震災時でも一時話題になった「布ナプキン」。物資不足の中、それらは着られない服など...

「朝、どうしてもテンションが上がらない」「イライラしたり、気分の切り替えがなかな...

ウォーキングやジョギングといった有酸素運動は、美容と健康に効果的といわれます。 ...

今年もあとわずかとなりましたね。あなたにとって、2014年はどんな年だったでしょ...

ダイエットなどでも注目されている寒天。使い方によってはもちろんダイエット効果が期...

毎年夏が近づくと「夏までには痩せきゃ!」と焦ってダイエットをしていた人も多いでし...

生理不順や肌荒れなどに悩んでいる方に共通しているのが、ホルモンバランスの乱れです...

今日お昼近くに、ネットのホットワードに急上昇したのが「アボカドフェア」。きっとア...

野菜不足や栄養不足は気になるけど、なかなか改善できずそのままになっている人はとて...

そろそろお正月気分から脱け出す生活へ、シフトすることが必要になる時期です。しかし...

NEW ENTRY

 

PAGETOP