WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


ひぃ…。女性でもできる『ゴキブリ駆除方法』

ひぃ…。女性でもできる『ゴキブリ駆除方法』
 

 

「怖い……」

 

女性の“独り暮らし”というのは、何かと『危険・問題』が多いモノ。

なかでも、その「対処方法」に非常に困るのが、暖かい季節になってくると現れる黒い生物――ゴキブリです。

 

頼れる男性がすぐそばに居ればいいですけれど、独り暮らしである場合は、どうしたって自分自身でどうにか“対処”しなければなりません。

駆除できずに逃げられたら、いつどこからやってくるか分かりませんので、おちおち寝ることもできないでしょう。

そこで今回は、女性でもできる『ゴキブリ駆除方法』についてご紹介します。

 

 

 

■ ゴキブリ駆除方法

 

(1)環境変化

 

ゴキブリと言えば、とにかくその“生命力の強さ”が、駆除をより困難にしているところがあります。

 

「頭と胴体を切り離しても1週間は生きる」
「1滴の水分で数週間、生き延びることができる」
「危険を察知した瞬間、40匹ちかく幼虫の入った卵を発射する」

 

こういった、凄まじい“生命力”が問題を大きくしているのですけれど――実際のところ、“生命力”こそ強いですが、『環境の変化』には非常に弱い生き物です。

19℃以下、33℃以上の環境には耐性がなく、徐々に行動ができなくなって、いずれその場で息絶えます。

特にゴキブリの幼虫は、15℃以下の寒い環境では成長ができません。

そのため、住居にいるかもしれないゴキブリを一掃するには――エアコンをかけず部屋のなかを“きびしい暑さ”の状態にするか、もしくはエアコンを最低気温の設定でかけて“寒い状態”にするか――どちらかを、お試しください。

『住みにくい環境』だと認識したゴキブリは、一目散に住居から外部へと逃げていくことでしょう。

 

 

 

(2)ペット

 

人間にとっては“嫌な生物”でしかないゴキブリですけれど、イヌやネコにとっては、むしろ「オモチャ」のような存在です。

素早く動き回るゴキブリを追いまわし、追い払ってくれることはもちろん、駆除にもおおいに役立ってくれます。

ただ、エサを余分に与え、豊満な状態になったイヌやネコは、『獲物を襲う』という本能が働かないため、ゴキブリを発見しても無反応になりますので、ご注意ください。

 

 

 

(3)観葉植物

 

ゴキブリの頭に生えている2本の毛は「触角」であり、その機能の大部分は“ニオイ感知”です。

ゴキブリは、『ハーブ系』のニオイを嫌悪するため、「セロリ」や「レモングラス」、「ミント」などを観葉植物として部屋のなかで育てると、ゴキブリを寄せ付けない効果があります。

 

 

 

春から夏にかけて、そして夏から秋にかけて、その“季節の変わり目”がゴキブリが特に活発になる時期です。

ゴキブリの行動が活発になる前に対策を講じていれば、ゴキブリが部屋に現れることはなくなるでしょう。

関連記事

激しい運動したり、サプリを飲んだり、食事制限をしたりとダイエットと聞くととても辛...

明日の10月1日は「ピンクリボンデー」、すっかり恒例となりますが、ピンクのライト...

数日前にネットで注目を集めたのが、冬にカレーを食べたくなったら要注意という情報で...

おしゃれは足元からはファッションの基本ですが、歩き方や靴の履き方で足の健康が違っ...

いよいよ花粉症シーズンが到来、11日にスギ花粉の飛散開始を報じられ、しかも今年の...

明日3日は節分、さらに1か月後に多くの地域で、ひな祭りを迎えます。節分は恵方巻、...

新年、明けましておめでとうございます。カウントダウンを楽しんだ人は、今頃ゆっくり...

女性の悩みは体重や肌荒れなど様々ですが、特に多くの方が悩まれているのが「貧血」で...

2014年も、あと1ヶ月となりましたね。この1年を労い、職場や友人と忘年会をする...

近年癒しの効果を求め、様々なストレス発散方法が提案されています。ただ、ストレスは...

NEW ENTRY

 

PAGETOP