WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


真冬に気をつけたい感染症の胃腸炎その原因と症状

真冬に気をつけたい感染症の胃腸炎その原因と症状
 

インフルエンザが流行シーズンですが、だいたいインフルエンザが話題になる季節に心配されるのが胃腸炎です。胃腸炎も冬に広まる、代表的な感染症になります。

 

感染性胃腸炎とは

冬が近付くと、近年は必ず報道されるのがノロウイルスについて。ノロウイルスによる症状も感染性胃腸炎の象徴的な症例ですが、さらに身近な感染性胃腸炎とはロタウイルスに代表される、急性やウイルス性の感染症です。ロタウイルスによる感染性胃腸炎は、子供に多いのでご注意ください。

また胃腸炎はなりやすい体質もあるのか、風邪をひくとお腹にくるタイプは、もしかしたら感染性胃腸炎かもしれません。風邪をひくと重症化しやすく、下痢や吐き気などの傾向が目立つ体質なら、感染性胃腸炎の可能性が考えられます。

 

感染性胃腸炎の症状

お腹にくる風邪と表現したように、いずれの胃腸炎も初期症状は風邪と酷似します。しかし下痢や嘔吐が激しく、腹痛を伴うことでも高熱が特徴的です。

だから風邪でもかなり重度な感覚に陥り、全身倦怠感から日常生活に支障のある体調不良が珍しくありません。さらに発熱と激しい下痢により、脱水症状がみられます。

または激しい嘔吐の症状により食欲が落ち、水分補給が必要でも、その水さえ受け付けずに嘔吐してしまう可能性があります。

 

感染性胃腸炎の原因

ウイルスは低温に強く、冬ほど生存率が高まり、さらに乾燥に強い性質を備えます。だから冬になると、感染症が流行する原因になります。

そして人間の方は冬になると、気温の低下に体温が自然と下がります。この状態は免疫力を低下させるので、ウイルスが感染しやすい条件がそろってしまいます。

 

感染性胃腸炎の対策

感染性胃腸炎を引き起こすウイルスは、潜伏期間が1日から2日程度と発症するスピードが速いことが分かります。しかしロタウイルスによる感染性胃腸炎であれば、重度になると5日程度は症状が続きます。早めに医療機関を受診して、対処療法が必要です。

また感染性胃腸炎は激しい脱水症状が特徴になり、水分補給が大切ですが、ポカリスエットやアクエリアスなど一般的なスポーツドリンクは避けてください。感染性胃腸炎はナトリウムの排出が多く、糖分が少なくてナトリウム量が多い「経口補水液」の方が治療に最適です。

また食欲が落ちますが、なるべく消化の良いもので栄養補給してください。

感染性胃腸炎の予防は手洗いとうがい、さらにマスクの着用が基本です。ウイルスが侵入するとノドの乾燥により、感染しやすい原因になりますので、室内は加湿器の利用が有効な条件です。

 

関連記事

「彼氏いないし、友だちは予定あるし…」「仕事があるから、クリスマスもいつも通り…...

今年もあとわずかとなりましたね。あなたにとって、2014年はどんな年だったでしょ...

午前中に情報番組が集中しますが、関東ローカルの放送は「PON!」。今朝はEXIL...

連休後の仕事は、ダルく疲れやすいと感じる人も多いでしょう。そして、「この仕事、も...

皆さんおなじみ、ヴィクトリアズシークレット(以下、ヴィクシー)。 ヴィ...

 毎度のことながら、また今年も『花粉症アレルギー』のかたには、非常に辛...

明日の10月1日は「ピンクリボンデー」、すっかり恒例となりますが、ピンクのライト...

スイーツ好きなのにダイエット中という人は、もしかしたら女性の大多数では?女性の方...

 そろそろ常温で、水分補給したくなる季節です。昼間は温かい飲み物でなく...

女性であれば誰もが一度は経験したことがあるのがダイエット。 エクササイズ系のも...

NEW ENTRY

 

PAGETOP