WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


正月太りの原因と解消まだ間に合うダイエット法

正月太りの原因と解消まだ間に合うダイエット法
 

肥満の専門医によると、正月太りが本格的に表面化するのは間近だそうですよ!

でもダイエットすれば、まだ正月太り解消は間に合うので、すぐ始めてください。

フジテレビ系の午前中の情報番組「ノンストップ!」より、簡単で取り組みやすい方法なので紹介します。

 

正月太りの原因とは

肥満の専門医、佐藤桂子医師によると正月太りの原因とは、むくみと脂肪だそうです。しかし1月中に解消すればダイエットになり、そのまま放置すれば痩せにくい体質へ向かうそうです。

これは正月太りを放っておくと脂肪は増える一方なのに、筋肉量が落ちることで、基礎代謝が低下します。つまり老化に進みやすく、自然と痩せにくい体質につながりますのでご注意を!

 

むくみ解消法

正月太りの原因の1つ、むくみを取って体重を減らすことが、正月太り解消に機能します。

まず正月太りによるむくみとは、おせち料理は保存食なので、通常の約2倍の塩分を含みます。その塩分が身体に残るので、それを薄めようと水分を溜め込むことが、むくみの原因です。

1日に基礎代謝により水分は自然と使われるので、2リットルは必ず補給してください。できれば真水で、常温のままが理想的な条件です。それを1度に飲むには、500mlまでにすること。

お茶はダメということでしたが、真冬なので真水で身体を冷やすのも問題なので、体調により考慮してください。お茶は体内で、水分と他の成分を分ける過程があり、真水の方が浸透は早いことが理由でした。

だからお茶は水分摂取にならない説がみられますが、それは間違いでしょう。お茶は水分補給になりますが、ストレートに作用する有効性では真水ということ!

 

脂肪の解消法

脂肪はエネルギーに変えて早く消費するのが理想的で、そのままでは定着するのでセルライトの原因になります。

脂肪をエネルギーに変える基本は運動、ドローインも有効な条件です。それから食事法に植物性特有の天然成分となる、ファイトケミカルの摂取が理想的です。

ファイトケミカルは約1万種といわれ、よく知られるのはポリフェノール系、カロテノイド系など。光合成により発生するので植物性になり、植物が自分を守る機能に発生する物質です。人間が摂取しても細胞修復と活性化、さらに老化防止となる抗酸化作用に有効といわれます。

だから植物の渋みや色素成分など、すべてファイトケミカルとなり、外皮や種、あくなど捨てずに調理して摂取すること。スムージーや、タジン鍋がおすすめ。

どれも続けられることを重視するのが、正月太り解消のダイエットに大切な条件ですよ!

 

関連記事

ジョギングは健康やダイエットに良い運動として知られています。 しかし、中には運...

そろそろお正月気分から脱け出す生活へ、シフトすることが必要になる時期です。しかし...

『なんで、あの人はあんなに食べてばっかいるのに痩せているのだろう……』――という...

最近は、青汁がたくさん研究開発されて販売されています。 そんな中、とても良い青...

インフルエンザが流行シーズンですが、だいたいインフルエンザが話題になる季節に心配...

今年もあとわずかとなりましたね。あなたにとって、2014年はどんな年だったでしょ...

「朝、どうしてもテンションが上がらない」「イライラしたり、気分の切り替えがなかな...

明日の10月1日は「ピンクリボンデー」、すっかり恒例となりますが、ピンクのライト...

2014年も、あと1ヶ月となりましたね。この1年を労い、職場や友人と忘年会をする...

Twitterがきっかけになり誕生したことで、話題の「にゃんそうこう」とは、飼い...

NEW ENTRY

 

PAGETOP