WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


眠い……!良質な睡眠で朝スッキリと目覚められる『睡眠促進法』

眠い……!良質な睡眠で朝スッキリと目覚められる『睡眠促進法』
 

――もう少し、寝ていたい……。

 

睡眠時間はちゃんととっているのに、朝スッキリと目覚めることができない、なんて悩みを抱く女性は少なくないでしょう。

眠気をしっかりと拭い去ることができないことにより、それが仕事面にもプレイベート面にも悪影響を及ぼして、日常生活全体がなんだかぼんやりとし充実していない印象を感じる原因になっているのです。

 

そこで今回は、快眠を邪魔する原因への対策法、それから朝スッキリ目覚めることができるようになる方法をご紹介します。

 

 

■ 快眠促進法

 

『良質な睡眠』を得るためには、何においても“心身の安静”が必要不可欠になります。

たとえば、「ジャージやスウェットなどの睡眠に向いていない服装の着用」「寝る前の食事」「睡眠前の運動」など、以上のことは快眠を妨害し、それまでか身体に悪影響さえ及ぼしますので気をつけましょう。

確かに「睡眠の前」は、思い切りだらけることができる楽しい時間帯でありますが、寝る時間のせめて1時間前からは快眠促進のために古典的な音楽や絵画などの『芸術鑑賞』を推奨します。

 

 

■ 寝る前の長時間のスマホ操作は危険

 

寝る前についつい触ってしまうスマートフォンですが、スマホ操作は睡眠に弊害を生じさせます。

 

(1)メールや電話、ゲームアプリは浅い眠りの原因

メールや電話など思考をめぐらす行為、ゲームによる興奮作用はノンレム睡眠を妨げ、『朝の目覚め』を悪くする主な原因です。

 

(2)太る原因

スペインの科学者・アフマッド教授の研究によって、スマホ画面より放射される光は内因性のメラトニンを下げ、それが『肥満の原因』になるということを判明させました。

 

 

■目覚めをよくする方法

 

(1)足を動かす

某国民的アニメの原作である有名漫画家は、少ない睡眠時間でも「二度寝」してしまわないように、一度起きたら「足を上にあげて、そのまま布団に叩きつける」そうです。

足は第二の心臓と呼ばれるように血液の循環が良いので、そこを活発化させることによって「目覚め」を良くすることができるのでしょう。

 

(2)糖分を摂取

『アメやラムネを口に含むと』、起きた瞬間のあのボンヤリとした感覚がなくなり、すっきりとした目覚めになると言われております。

布団周辺に『甘いモノ』を用意してから寝るようにすれば、朝の「目覚め」が良くなるはずです。

 

 

上記の方法を活用しても、それでも……という方は、こちら「好きな夢を見れる!?『快眠促進・目覚まし時計・夢操作アプリ』を紹介」で紹介している快眠促進アプリもご利用してみてください。

良い睡眠は、『正しい判断・良い人間関係の形成』を築くことができますので、睡眠が良くなればきっと、「生活全般」が良い方向へとむかって行くことでしょう。

関連記事

日常生活の疲れをどのように解消するかによって、これからの生活が大きく異なります。...

リップを持っている人はいても、真っ赤な口紅を持っている人は…少ないですよね。実際...

2014年8月、国内で69年ぶりにデング熱の感染者が確認されました。 それ以降み...

ジルスチュアートのショップがあれば、行きたい!という女子は多いはず。その夢が期間...

女性であれば誰しも一度は経験しているダイエットですが、体重と一緒にバストも落ちて...

クリスマスに、年賀状、年末年始はとにかくやることが多いですよね。新年、ふと気がつ...

素肌の露出が目立つ夏服に合わせて、ネイルの彩りをオシャレに取り入れる人が多いでし...

  「この人、急に老けたなぁ」など、と思うことはございません...

以前、急激なダイエットのために肌がかさつき、かなり深刻な乾燥肌になったことがあり...

バレンタインギフトにチョコレートは欠かせませんが、相手によってプラスアルファの小...

NEW ENTRY

 

PAGETOP