WomanCafe(ウーマンカフェ)は女性を楽しむ為のポータルサイトです。


つるつる肌になれる!?『キレイ』な肌になるための生活ポイント

つるつる肌になれる!?『キレイ』な肌になるための生活ポイント
 

 

 

――顔が整っているうえに「美肌」なんてズルい!

 

目や鼻、口など、そういった顔の部位の作りは親からの遺伝の影響が強いですけれど、『肌の美しさ』に関しては必ずしも遺伝とは言い切れないところがあります。

目鼻立ちはともかくとして、せめて「肌」だけはキレイでありたい……そう願う女性も少なくはないでしょう。

今回は、『キレイな肌』になるためのポイントをいくつか集中的にご解説します。

 

 

 

■ 『キレイ』な肌になるためのポイント

 

(1)睡眠

「22時から午前2時までの“ゴールデンタイム”に睡眠をとると良い」「睡眠不足はお肌の敵」などと世間では言われておりますけれど、実際のところ、『美肌』と睡眠はそれほど関係しておりません。

現代においても同様ですが、アイドルやタレントなど、一般的に美しいと思われている女性たちは、そのいわゆる“ゴールデンタイム”に睡眠につくこと、および睡眠時間自体が比較的に少ない傾向にあるのです。

これらのことからも充分に「睡眠時間」と『美肌』は、あまり関係していないと察せられることと思われます。

しかし、「睡眠」と肌がまったくの無関係というわけでもありません。

睡眠時の体内水分は、当人の「肌」に強く影響しますから、「睡眠」前後にはコップ一杯の白湯を飲むように心がけましょう。

それだけのことで、『美肌』を作り出すことができます。

 

 

 

(2)食事

食事と「肌」は密接に関係しており、悪い食事ばかりしていれば肌は汚くニキビなどが増えて、逆に良い食事をしていれば自然と肌は綺麗になります。

昔の人のなかにニキビの多い人がいなかったことからも、お菓子などジャンクフードは肌を汚くする元凶であると分かることでしょう。

できるだけ人の手の加わっていない食品を選んで食べることが『美肌』への近道です。

 

 

 

(3)スキンケア

「肌のスキンケア」において重要なポイントは、何事も過剰は逆効果を生じさせるということです。

綺麗になるだろうとさまざまな化粧品を用いたり、またそれらを一度に大量に使ったり、多く使えばその分だけ肌が「キレイ」になるなんてことは決してあり得ません。

化粧水や乳液などに含まれる「油分」は、付け過ぎると逆に肌を荒らしてしまうことにさえなります。

スキンケアは、あくまで“肌の保湿”を維持するためですから、余分な成分の入った化粧品は避けるようにし、朝と夜の2回、最低限のケアで済ませるように気をつけましょう。

 

 

 

 

「美しい肌を手に入れたい」と力んでしまうと、それが肌の一番の敵であるストレスの原因になってしまいますので、それほどこだわる必要はありません。

ちゃんとした生活をしてさえいれば、おのずと肌がキレイになることでしょう。

関連記事

バレンタインギフトにチョコレートは欠かせませんが、相手によってプラスアルファの小...

 冬の肌トラブルに備えて、すでに乾燥を感じるならスキンケアは大切な季節...

素肌の露出が目立つ夏服に合わせて、ネイルの彩りをオシャレに取り入れる人が多いでし...

ジルスチュアートのショップがあれば、行きたい!という女子は多いはず。その夢が期間...

女性であれば誰しも一度は経験しているダイエットですが、体重と一緒にバストも落ちて...

最近、美容に関心のある若い女性の間で評判になっているある成分があります。 その...

夏を過ぎましたが、まだまだ暑い日が続きます。 しばらくは冷たい飲み物が欠かせな...

生活習慣病の予防にも役立つとされているアルギニン。疲れを取ることでも有名です。ア...

キールズ(KIEHL'S)より、今日9月26日よりベストセラーコスメ「スーパーク...

カラコンは女性にとっても人気のアイテム。一昔前とは違って、アクセントをつけるため...

NEW ENTRY

 

PAGETOP